1. HOME
  2. 口臭の予防と対策なた豆歯磨き粉と口臭サプリの効果を比較してみて分かった事

なた豆歯磨き粉と口臭サプリの効果を比較してみて分かった事

なた豆歯磨き粉と口臭サプリを比較をする男性の写真

最も気になる臭いは「口臭」

ワキの臭いや加齢臭、口臭、汗の臭いなど、体から発せられる臭いには色々あります。普段生活をしていて、ほとんどの人は職場や電車の中、学校、家庭などで、他の人の臭いが「クサいな」と感じた経験があると思います。それは、どこからくる臭いでしたか? 

他人の体臭のうち、特に気になる臭いとして「口臭」を挙げる人が8割いるというデータがあります。つまり、色々ある体臭の中でも、ほとんどの人が他人の口臭に不快感を感じた経験があるということです。

口臭はそれだけ関心が高く、口臭予防やエチケット用品を利用している人は年々増えています。口臭対策に効果的と最近注目されている商品として、「なた豆歯磨き粉」や「口臭サプリメント」などがあります。これらにはどのような効果があり、どういった違いがあるのか、ここでご紹介したいと思います。

あなたの口臭の原因は何ですか?

まず、口臭には「生理的口臭」や「病的口臭」といった種類があるのをご存知ですか?生理的口臭とは、口の中に残った食べカスや磨き残しなどのタンパク質が分解する時に発生する臭いで、朝起きた時に口臭が強くなるなど健康な人にも現れます。

病的口臭というのは、何かしらの疾患が原因で口臭がしてしまう状態で、口腔内由来のものと全身由来のものに分かれます。口腔内の疾患で、口臭の原因となる代表格は歯周病で、実はこれが口臭の原因に多いとされています。全身由来の口臭は、呼吸器系や胃腸系の不調によりガスが発生して、呼気と共に出る異臭のことです。

専門的な分類には含まれませんが、食品由来の口臭もよくあります。ニンニクやアルコールなど、強い臭いのものが消化される際に一時的に息がクサくなる状態です。

大きく3種類の原因をご紹介しましたが、自分の口臭はどのタイプか分かりますか?特に、生理的口臭か病的口臭かどうかは、歯の検診や健康診断などで該当する疾患があれば分かりやすいのですが、そうでない場合は自分で判別するのは難しいと思います。
ここで役立つのが口臭ケア商品です。口臭ケア商品は、それぞれ口臭の原因によって働きが異なります。そのため、実際にどれか使ってみて効果が感じられない場合は、他の口臭の原因があるということになります。

話題の「なた豆歯磨き粉」とは

では、「なた豆歯磨き粉」はどのタイプの口臭に作用するのでしょうか。なた豆は、昔から体の中の膿みを出す効果に優れた健康素材として、民間療法で活用されてきました。

近年の研究において、実際になた豆に含まれるカナバニンなどの成分には、排膿作用や抗炎症作用、血行促進作用があることが判明しています。こうしたなた豆特有の働きが、歯周病の予防・改善に役立つと注目されていて、口腔由来の病的口臭を防ぐことが期待できます。

なた豆を使った歯磨き粉の中には、薬用の有効成分を配合したり、植物由来のナチュラル成分を含有させることで、口腔内環境がより一層改善しやすいものも販売されています。いずれにしても、歯茎が腫れたり、歯磨きの時に血が出るといった歯周病の兆候がある人や口腔由来の病的口臭が疑われる人に、なた豆歯磨き粉は向いています。

実際になた豆歯磨き粉を愛用している人は、「家族から指摘された口臭が気にならなくなった」「口の中のネバつきが少なくなった」といった効果を実感しています。

口臭サプリメントとの効果の違い

一方、「口臭サプリメント」も手軽に口臭対策ができるアイテムとして人気があります。口臭サプリは栄養補助食品のように飲み続けることで少しずつ効果が出てくるもので、主に胃腸の不調を整えて悪臭を発生しにくくしたり、胃の中に残った臭いの発生源を消臭したりマスキングするといった役割があります。

口臭サプリは先ほど述べた口臭の原因でいうと、全身由来(消化器系)の病的口臭や食品由来の口臭に対する効果が期待できます。つまり、歯周病など何らかの口腔疾患による口臭の場合、いくら口臭サプリメントを摂取しても効果は期待できないということになります。逆に言えば、胃腸の不具合や偏った食生活が口臭の原因にも関わらず、歯磨きだけを一生懸命しても見当違いということです。

口臭対策アイテムは上手に使い分ける

そうは言っても、口臭は複合的に発生することもあるため、一つの対策方法だけに固執する必要はありません。歯周病などの口腔内疾患だけでなく、毎日の生活の中で胃腸の不調が起きることはありますし、飲み会が続いて食べ物の臭いが残ってしまうこともあるでしょう。その時に、口臭の原因に合った適切な対処方法を講じることが大切なのです。

最後に、口臭の原因として最も多いのは歯周病や舌苔の悪玉菌によるものと考えられています。40代以上になると歯周病など口腔内疾患にかかる人は一気に増えるため、まずはなた豆歯磨き粉のような歯周病ケアや口臭予防ができる歯磨き粉を使うことをお勧めします。それとは別物として、口臭サプリといった口臭対策アイテムを上手に活用しましょう。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.