1. HOME
  2. 口臭の予防と対策気になる口臭…マズイと思うアナタにお勧めの対策ケアグッズ

気になる口臭…マズイと思うアナタにお勧めの対策ケアグッズ

口臭を気にする男性のイメージ

代表的な口臭対策ケアグッズ

口臭は、決して人に良い印象を与えるものではありません。仕事などで人と接する機会が多い人や、家族など近しい人に口臭を指摘されてしまった人は、特に「自分の口臭は大丈夫かな?」とか「口臭を何とか治さなければ」と思っていることでしょう。

代表的なものとして、以下のような口臭対策ができるグッズやアイテムが次々と発売されていますが、普段から使っているものはありますか? 

  • 歯磨き粉
  • タンクリーナー/舌苔ブラシ
  • 歯間ブラシ/デンタルフロス
  • マウスウォッシュ/デンタルリンス
  • 口臭サプリメント
  • ブレスケア
  • ガム

歯磨き関連商品やタンクリーナーは、歯科医や医師の指導などで取り入れている人も多いかもしれませんね。ガムや口臭サプリメント、ブレスケアなどは、手軽なグッズとしてカバンにしのばせている人もいるでしょう。

日常生活に口臭予防を取り入れる

製品化されている口臭対策グッズだけでなく、日頃の生活習慣でも簡単に口臭予防ができる方法があります。

  • 口が乾かないよう、こまめに水分補給をする
  • 柑橘類や梅干しなど酸っぱいものを摂取して唾液を分泌させる
  • こまめにうがいをする

これらは主に、口が乾くことで雑菌が繁殖してしまわないよう、口の中を潤したり唾液を分泌させる方法です。水分補給については、ついつい好きなジュースやコーヒーなどにも手を伸ばしがちですが、口臭予防の観点からは避けた方が望ましいため、水やお茶にしましょう。うがいは水でももちろん構いませんが、マウスウォッシュや殺菌作用のあるカテキンが入った緑茶を使うとより効果的です。

口臭の原因となる生活習慣

逆に、口が乾きやすい生活習慣で止めた方が良いのが口呼吸です。鼻炎などの影響で口呼吸がクセになっている人は、意識的に口を閉じて呼吸するよう心がけてください。難しい場合は、鼻孔を広げるテープや口を閉じるテープなどのアイテムもあります。睡眠中、無意識に口呼吸になってしまう人にとっても便利なアイテムです。

また、仕事などのストレスが口臭の原因となる場合も。緊張やストレスが続くと、口の中が乾きやすくなりますよね。これも口内の悪玉菌を増やす要因となるのです。慢性的なストレスがある人は、なるべくリラックスする時間を作ったり、ガムなどで唾液分泌を促すようにしましょう。

食事や会話も唾液分泌を促してくれます。ライフスタイルや仕事のスタイルの変化により、朝食を抜いてしまったり、仕事のコミュニケーションもメールで済ませることが増えているため、会話が減っています。これらも口が乾く要因となりますので、3食きちんと食べ、職場でも家庭でも適度に会話をすることが大切です。

口臭を計測できる「ブレスチェッカー」

上記のものは口臭がしないようにケアするものですが、客観的に自分の口臭を計測できる「ブレスチェッカー」もお勧めです。機械に向かって息を吐き、5秒ほど待てばいくつかの段階に分かれた数値が表れます。

人は嫌な臭いでも繰り返し接することで慣れてしまう性質があり、自分の口臭もあまり気になりません。その点、ブレスチェッカーを使うと客観的に自分の口臭レベルが把握できるため、口臭が心配な人は試してみると良いでしょう。

ブレスチェッカー以外にも簡単に口臭を確認できる方法もあります。ビニール袋に息を吐いて閉じ、一旦外気を吸ってからビニール袋の臭いを確認する方法や、歯間ブラシやデンタルフロスに付着したプラークで臭いチェックする方法などです。

このような道具や方法で、定期的に口臭のセルフチェックをすることで、自分のケアや生活習慣が適切かどうか見直すきっかけにもなります。

上手な口臭予防・対策のコツ

最初に口臭対策ケアグッズについてご紹介しましたが、これらは口臭の原因によって適切に使い分ける必要があります。
まず、中高年の多くに見られる歯周病は、口臭の最も多い原因と言っても言い過ぎではありません。毎日の歯磨きをないがしろにせず、歯周病ケアができる歯磨き粉を使って、歯茎の腫れや出血を改善させることがポイントです。最近では、江戸時代から“膿とり豆”として重宝されている「なた豆」を使った歯磨き粉など、ナチュラルで安心できる素材を使った歯周病ケア品も出ています。

もちろん、なた豆のような歯周病ケアができる歯磨き粉だけでは完璧ではありません。優れた歯磨き粉を使っても、磨き方が雑だと意味がありません。歯茎をマッサージできる歯ブラシや、奥まで届くスリムタイプの歯ブラシなどを駆使したり、磨き残しやすい歯と歯の間にある歯垢(プラーク)を歯間ブラシやデンタルフロスで除去します。

この他、口臭サプリメントやブレスケアは、胃腸の不調からくる口臭や、食事やアルコールが原因の一時的な口臭に作用するため、うまく併用していくのが口臭予防のコツと言えます。
口臭を気にせず自信を持って人と接することができるよう、口臭予防のアイテムを少しずつ取り入れてみて下さい。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.