1. HOME
  2. 口臭の予防と対策歯を磨けないときにはデンタルリンス、家に帰ったらなた豆歯磨き

歯を磨けないときにはデンタルリンス、家に帰ったらなた豆歯磨き

歯を磨けないときにはデンタルリンス、家に帰ったらなた豆歯磨き

口臭エチケットに便利な「デンタルリンス」

虫歯や歯周病を予防するために、普段どのようなオーラルケアをしていますか?最近では、デンタルリンスやマウスウォッシュなどの便利なアイテムも市販されていて、時間があまりない時や外出先などで活用している人も多いのではないでしょうか。商品にもよりますが、デンタルリンスには主に殺菌作用や炎症の抑制、口臭予防、保湿といった効果が期待できます。歯をしっかり磨けない時でも、口の中をさっぱりさせたい時や、汚れ取って口臭を防ぎたい時などのエチケットアイテムとして最適です。

デンタルリンスには2種類がある

いわゆる“デンタルリンス”と呼ばれているものには実は種類があり、「洗口液」と「液体歯磨き」に分類されます。洗口液は、液体を口に含んで20~30秒間ブクブクとうがいをする使い方のもので、口臭予防や口内の清浄化ができます。主に、歯磨きの後の仕上げや外出前、就寝前などに手軽に使えて便利です。

一方、液体歯磨きは、口に含んで20~30秒間うがいをした後、ブラッシングをして水でゆすぐという使い方をします。一般的な練り物状の歯磨き粉のように研磨剤などが含まれていないため、歯や歯ぐきを傷付けずにブラッシングができるというメリットがあります。歯のマウスウォッシュの場合は洗口液のケースがほとんどですが、デンタルリンスは商品によって使い方が異なる場合があるため、購入前にパッケージの表示を確認しましょう。

デンタルリンスの実際の効果

手軽で便利なデンタルリンスですが、虫歯や歯周病に対する効果はどのくらいあるのでしょうか。虫歯予防や歯ぐきの腫れや出血を防いだりする薬用成分が配合されている商品が多く、歯磨きの補助としての効果はある程度期待できます。ただし、歯の汚れや細菌のかたまりである歯垢(プラーク)は水溶性ではないため、口をゆすぐだけのタイプ(洗口液)では落とせません。

また、ブラッシングするタイプ(液体歯磨き)であっても、練り物状の歯磨き粉と比べると物理的に落とす力は劣るため、コーヒーやタバコのヤニといったステイン(着色汚れ)などは残りやすいという側面があります。そのため、デンタルリンスはオーラルケアのメインとしてではなく、しっかり歯を磨けない時などの補助的な役割として活用するのがおすすめです。

口臭予防ができる歯磨き粉の特徴

毎日の歯磨きで口臭を予防するには、歯磨き粉の選び方にもポイントがあります。口臭の主な原因となるのは、歯垢(プラーク)などの細菌から発生する悪臭ですが、虫歯というよりは歯周病によって引き起こされることが多いのです。歯周病は、歯と歯ぐきの境い目にある歯周ポケットに入り込んだ細菌によって症状が進行します。

そのため、加齢によって歯ぐきがゆるんだりやせたりしてくると、ポケットが深くなり、歯周病が悪化しやすくなるのです。一般的な虫歯予防をメインにうたった歯磨き粉は、歯ぐきの引き締め効果や口内環境をコントロールする作用はあまり期待できないので、歯ぐきの状態が気になり始めたら、歯周病ケアに良いとされる歯磨き粉を選ぶことが大切です。最近注目されているのが「なた豆」という天然植物を使った歯磨き粉で、中高年を中心に人気が高まっています。

なた豆歯磨きは歯周病予防におすすめ

なた豆を使った歯磨き粉には、特有の「カナバニン」というアミノ酸の一種が含まれています。カナバニンには、排膿作用や抗炎症作用、血行促進作用などの効果が見られ、歯周病の症状を改善する成分として注目されています。歯科医によっては、なた豆を使ったお茶で口をゆすぐことを推奨しているところもある程です。

なた豆の成分が配合された歯磨き粉は、細菌によってバランスが悪くなった口内環境を改善しながら歯ぐきを引き締めることによって歯周病を予防し、口臭改善にもつながります。デンタルリンスにはこのような効果は期待できませんので、自宅ではなた豆歯磨き粉などでしっかりケアするようにしましょう。

なた豆歯磨き粉はどこで入手できるの?

オーラルケアにも優秀な効果を発揮してくれることから、何かと話題になるなた豆歯磨き粉。ではこのなた豆歯磨き粉はどこで入手できるのでしょうか?最近ですとドラッグストアなどでも多く取り扱われるようになりましたので、比較的どこででも入手することができるようになりました。

一般的なメーカーの歯磨き粉と並べてあるのを見てみると、少しお値段が高めなのが全体的な印象です。植物由来の優しい天然成分にこだわっていることがひとつ、余計な成分を使わないことで安全性を重視していることがまたひとつ、と様々な理由から価格は少し高くなっています。

ですが決して手に入らないという値段ではありませんし、口内のケアのことを思えば高すぎることはありません。口臭が気になる、しっかりと歯周病を予防したいと思っている方にとっては、むしろ積極的に選んでいただきたいものでもあります。

この他にも通信販売を利用するという手もあります。より高い効果を発揮してくれるなた豆歯磨き粉もありますし、なによりスーパーなどで買うよりもお手頃である場合も少なくないため、ネット検索もひとつの方法として是非覚えていただきたいです。

ふたつのケア用品を上手に使い分ける

デンタルリンスは手軽に持ち運べるという点、外出先でもさっとケアすることができるという点が魅力です。歯磨きできない状況というのはどうしても外にいる以上発生するケースであるため、デンタルリンスのようなものを携帯するのはおすすめです。

しかしそれだけで全てのケアを行うとなるとやはり不十分であるため、自宅ではきちんとなた豆歯磨き粉などを使用してきちんと歯磨きすることが大切になります。一本一本をしっかり磨くイメージで歯磨きすれば、よりしっかりとなた豆の成分を浸透させることができるでしょう。

それぞれの歯磨き粉などには特長があるため、より良い状態で活かすように工夫することは大切です。口内のケアは誰かがやってくれるものではなく、自分自身が毎日やらなければならないもの。だからこそよりよいケア用品を選ぶことは重要なのです。

なた豆歯磨き粉は今多くの方面から注目を集めているように、口臭や歯周病など様々なケアに役立ってくれるアイテム。お口のことで何か気になることがある、より高いケアを目指していきたい、そう思い始めた方には是非使っていただきたいものです。外出先とお家でのケア、是非意識してみてください。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.