1. HOME
  2. 口臭の予防と対策口臭の原因はこんなにあった!あなたは気付いていないだけかも

口臭の原因はこんなにあった!あなたは気付いていないだけかも

口臭の原因はこんなにあった!あなたは気付いていないだけかも

人のニオイは「スメルハラスメント」

スメルハラスメントという言葉が広まっているように、他人の口臭や体臭は「イヤなニオイ」として認識されがちです。たしかに、職場や満員電車など、人との距離が近づきやすい環境では特に人のニオイは気になるもの。上司との打合せ中などに「うっ」と顔を背けたくなる瞬間など、誰でも経験があることでしょう。でも、そういう自分の口臭は大丈夫だという自信はありますか?

口臭は自分では気づきにくい

人間は他人のニオイには敏感だけれども、自分のニオイには鈍感といった性質があります。それは「順応反応」と呼ばれているもので、いつも同じニオイを嗅いでいると、そのニオイに慣れてしまって嗅覚が鈍くなるという現象です。鼻の中にある嗅細胞が疲労することによる現象とも言われていますが、そうなると自分の口臭が強かったとしてもニオイを感じなくなってしまいます。これが自分の口臭は自覚しにくいと言われる理由です。
反対に他人のニオイに関しては通常どおり嗅覚が反応しますので、「あんなに口臭がするのに、自分で気づかないのかな?」などと思ってしまいがちです。でも、もしかしたら自分もそのように思われているかもしれず、決して人ごとではありません。

多岐にわたる口臭の原因

よく「口臭がする人は胃が悪い」と言われますが、実は口臭の原因は多岐にわたるのをご存知ですか?口腔外科学会によると、口臭の原因には大きく分類するだけでも次の5種類あるとされています。

①生理的口臭
②飲食物や嗜好品による口臭
③病的口臭
④ストレスによる口臭
⑤心理的口臭

①の生理的口臭は、朝起きた時やお腹がすいた時、緊張した時などに一時的に感る口臭のことで、生理的に唾液の分泌量が減ることで細菌が繁殖しやすくなりニオイが強まります。②もニオイのきつい食べ物やアルコールなどを摂取した時に一時的に胃から来る口臭が強くなるもので、①②いずれも時間の経過や水分補給などで消えるため、特に治療の必要はありません。④は仕事や人間関係などでストレスが続くことによって唾液の分泌が減少し、口が渇いて細菌の繁殖が促されます。⑤については、口臭が強くないにも関わらず「自分は口臭が強い」と思い込んでいる状態で、カウンセリングなどが必要な場合もあります。
治療が必要で、かつ口臭の原因として多いのが③の病的口臭です。詳しく見ていきましょう。

「病的口臭」の9割以上は口の中に原因が

口臭につながる疾患には、消化器系や呼吸器系、耳鼻咽喉系などさまざまな要因がありますが、9割以上は口内疾患にあるというのが実状です。口内疾患とは歯周病や虫歯、舌苔(ぜったい)などで、いずれも大元は歯垢(プラーク)という歯の汚れ(細菌のかたまり)です。プラークは食事や飲み物などを口に入れるたびに発生するため、毎日しっかり歯磨きをすることが欠かせません。また、入れ歯や人工歯などは材質的にニオイを吸着させやすいという特性があるため、専用の洗浄用品でのケアを怠るとニオイが取れなくなってしまいます。他にも、歯の治療でかぶせてある金具などが欠けたりすき間ができると、そこにプラークが溜まって口臭の元になるうえ、歯ブラシが入り込めず口臭を改善できない状態にもなります。

歯周病ケアが口臭予防の近道

このように、ひとことで口臭と言ってもその原因にはあらゆる種類があります。特に、誰にでも起こりうる歯周病や虫歯は口臭の発生原因として多いので、毎日のセルフケアがカギとなります。また、歯周ポケットに入り込んだプラークは口臭を悪化させるため、歯周病ケアや予防ができる歯磨き粉を使うことをおすすめします。例えば、歯ぐきを引き締めて歯周ポケットを小さくしたり口内細菌のバランスを整えたりする作用のあるなた豆エキスを使った歯磨き粉などがあり、口臭予防にもなると人気が高まっています。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.