1. HOME
  2. 口臭の予防と対策朝起きたら口が臭い!基本的な予防法となた豆歯磨きで改善

朝起きたら口が臭い!基本的な予防法となた豆歯磨きで改善

朝起きたら口が臭い!基本的な予防法となた豆歯磨きで改善

誰にでもある「生理的口臭」とは

生活をしていて、ふと自分の口臭が気になる時はありませんか?朝起きた時やお腹がすいた時、緊張した時、疲れた時など、「口の中がネバネバする」とか「いつもと違うニオイがする」というように、何かしら思い当たることがあるのではないでしょうか。このような生活の中のあるタイミングで発生する口臭は「生理的口臭」と言って、普段特に口臭が気にならない人でも起こります。
実際に時間帯による口臭物質の濃度を調べた研究データによると、起床時の口臭物質が一日のうちで最も高く、空腹時や飲酒時、来客や会議で緊張した時などにも高まる傾向が見られました。生理的口臭は一時的なものなので、口の中のうるおしたり歯磨きなどのケアによって改善します。

寝起きは口が臭くなるのはなぜ?

朝起きた直後はなぜ口臭が強くなるのでしょうか。それには唾液の分泌量が関係しています。通常、睡眠中は唾液の分泌が減り、口臭の原因となる細菌が繁殖します。その上、口の中に前日の磨き残しや汚れが残っていると、細菌はそれらをエサにして一層増殖してしまい、ますます口臭が強くなるという仕組みです。
口内細菌が発生させる口臭の原因物質は「揮発性硫黄化合物(VSC)」で、卵や魚が腐ったようなニオイ、生ゴミのようなニオイを引き起こします。寝ている間に唾液の分泌が減ると、この揮発性硫黄化合物が口の中でどんどん産生されて嫌な口臭になってしまうのです。

口臭がきつくなるライフスタイル

寝起きなどの生理的口臭がきつくなりやすい人には、次のような特徴が見られます。

  • 歯磨きを短時間で済ませる/磨き方が不十分
  • 虫歯や歯周病を放置している/li>
  • 口を開けて寝ている/li>
  • お酒やタバコを好む/li>
  • 睡眠不足やストレス状態が続いている/li>

歯磨きを1分くらいで適当に済ませている人は、どうしても口の中に食べカスなどが残ってしまうため、口内細菌の格好のエサになります。歯と歯の間や歯と歯茎の境い目に入り込んだ歯垢(プラーク)は、適当に磨いているだけでは落とせないので、歯磨きの補助としてデンタルフロスや歯間ブラシを活用することをおすすめします。
また、強い口臭の8割以上は歯周病などの口腔内環境の悪化にあるとされ、口腔疾患を放置するのは口臭をさらに助長させます。タバコに含まれるニコチンは歯周病を悪化させますし、ヤニは落としにくい着色汚れ(ステイン)につながります。そして、口を開けて寝ることやアルコール、睡眠不足などは体内の水分を奪ったり口が乾く要因にもなります。

朝の口臭を予防する基本ポイント

生理的口臭を防ぐ基本ポイントは、ていねいなオーラルケアで口の中を清潔に保つことと、口の中が乾かないようにすることです。特に寝る前の歯磨きは大切で、一日の汚れや歯垢をきちんと除去しておくことが口内細菌を減少させ、口臭の元となる揮発性硫黄化合物を抑制します。適切なオーラルケアが分からない場合は、かかりつけの歯科医でブラッシングやケア方法についてアドバイスをもらうと良いでしょう。
また、口が乾かないようにするには、こまめな水分補給と共に食事をよくかんで食べること、リラックスすることなどが大切です。最近では朝食を抜く人が多いようですが、空腹のまま半日を過ごすのは口の中をより乾燥させやすくなります。

「なた豆」を使った歯磨き粉がおすすめ

生理的口臭や歯周病などによる口臭を予防するには、適切な歯磨き粉選びも大切です。昔から膿取り作用があると重宝されてきた「なた豆」には、特有の「カナバニン」という成分が含まれていて、口の中の善玉菌を増やしてニオイの元となる悪玉菌の繁殖を抑制したり、炎症を抑える作用などが認められています。口内環境をコントロールする作用のあるなた豆歯磨きなどを活用して、効果的に口臭をケアしましょう。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.