1. HOME
  2. 口臭の予防と対策意外と知らない口臭が起きる原因まとめ!本当にあなたは大丈夫?

意外と知らない口臭が起きる原因まとめ!本当にあなたは大丈夫?

意外と知らない口臭が起きる原因まとめ!本当にあなたは大丈夫?

口臭の原因はシンプルではない

口臭には実にさまざまな原因があり、単なるニオイだけでは済まされない病気が潜んでいるケースもあります。ここでは、口臭が起きる原因について詳しくご紹介していきます。
まず、よくある口臭について。にんにくや香辛料を使った料理や、お酒をたくさん飲んだ翌日は口臭がする時がありますよね。これは飲食物や嗜好品による一時的な口臭で、時間と共に代謝が進めば自然とニオイも消えていきます。市販のブレスケアなどは、口臭が消えるまでの間だけ消臭したいという時に便利なので、お世話になっている人も多いのではないでしょうか。

口が乾くと誰にでも起きる「生理的口臭」

一時的な口臭というと、他にも「生理的口臭」というものがあります。生理的口臭は寝起きや緊張、ストレスを感じた時、空腹時など唾液の分泌が減って口の中が乾いた状態の時に、悪臭を発生させる細菌が繁殖しやすくなる生理現象です。また、加齢や月経、妊娠時などホルモンバランスの変化などが影響して唾液が分泌されにくくなって以前より口臭が強くなることもよくあります。口臭は体調やライフサイクルによる影響を受けやすいものでもあり、時期が過ぎれば治まることも多いため、生理的口臭に関しては必要以上に気にすることはないでしょう。

普段のケアとしては、口の中が乾き過ぎないよう水分をこまめに取って潤す、よく噛んで食べる、ガムを噛む、梅干しを食べるなど意識的に唾液腺を刺激させると効果的です。ただし、いわゆるドライマウスと言われる「口腔乾燥症」という疾患の場合は、治療が必要なこともあるため、口が異常にカラカラしたりネバつく状態が続くようなら、まずは歯科医院で相談してみてください。

「病的口臭」で最も多いのは口腔内トラブル

生理的口臭は健康な人でも起きるものですが、次にご紹介する「病的口臭」は何らかの原因があってニオイが発生している状態なので、適切な治療が必要になってきます。まず、慢性的な口臭の中で最も多い原因とされるのが、口腔内トラブルによるものです。口の中には常在菌がいますが、飲食物のカスなどの磨き残しがあると、それらをエサにして繁殖し悪臭ガスを発生させます。このガスは揮発性硫黄化合物と言われ、舌苔や歯周病菌などがあると検出されます。揮発性硫黄化合物はニオイだけでなく毒性も強く、徐々に歯周組織に浸食して破壊してしまいます。そのため、ニオイ物質を増殖させないためには、歯垢(プラーク)の除去や虫歯、歯周病の治療、舌苔のケアが必要です。

適切な歯周病ケアは口臭予防に効果的

中でも40代以上の8割以上がかかると言われている歯周病は、口臭を引き起こす最大の要因でもあるため、日常的なセルフケアが欠かせません。歯周病予防には歯茎のケアもできる歯磨き粉を使うと効果的です。例えば、収れん作用のある塩が配合されたものや、最近注目されている“なた豆”という歯茎の血行促進や解毒作用が見られる植物のエキスが入った歯磨き粉を使うと、歯周病の症状が緩和されて口臭予防になります。舌苔のケアには舌専用のブラシを使って、歯磨き前にやさしくブラッシングしましょう。

意外な疾患が口臭の原因に

他にも、口臭とは一見関係なさそうに思える意外な原因もあります。次のような口腔内以外の体の疾患による口臭は、疾患によって患部から発生したガスが血液循環によって肺に到達し、呼気として口から排出されるというケースや、疾患によって抵抗力が弱まり口腔内トラブルが悪化するケースなどがあります。また、歯周病は糖尿病の合併症のひとつに数えられるほど関連が深く、歯周病を治療したら糖尿病の症状が軽くなるということもよくあります。

  • 代謝性の疾患:糖尿病・肝機能障害・腎機能障害
  • 耳鼻咽喉疾患:扁桃炎・咽頭膿瘍・喉頭がん・副鼻腔炎など
  • 消化器系疾患:胃がん・食道ヘルニア・食道気管支瘻(しろう)など

このように口臭には意外と知らない原因もあるため、「たかが口臭」とあなどらずに気になる人は口臭外来のある医療機関でチェックしてもらうと良いでしょう。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.