1. HOME
  2. 口臭の予防と対策口臭の原因は「臭い玉」?正式名称は膿栓、その正体とは?

口臭の原因は「臭い玉」?正式名称は膿栓、その正体とは?

口臭の原因は「臭い玉」?正式名称は膿栓、その正体とは?

強烈な口臭を引き起こす「臭い玉」とは?

「臭い玉」という言葉を聞いたことがありますか?これは口臭の原因のひとつと言われるもので、正式名称は「膿栓(のうせん)」といいます。“臭い”に“膿”というのは何ともクサそうな名称ですが、この臭い玉は誰にでもできる可能性があるんですよ。

膿栓は、のどの奥の扁桃腺の周辺に溜まる白くて小さなかたまりで、直径1~ 5ミリくらいのものが多いようです。膿栓はつぶすと強い悪臭がすることから、俗称として「臭い玉」と呼ばれています。その強烈なニオイは「下水のようなニオイ」「チーズが腐ったようなニオイ」などと表現され、強い口臭の原因にもなります。

扁桃腺周辺には陰窩(いんか)という小さなくぼみが多く存在し、歯に付着する歯垢(プラーク)のように食べ物のカスなどが溜まっていきます。また、扁桃腺というと風邪をひいた時などに腫れる部位として知られていますが、腫れた時に集まったリンパ球や白血球、ウイルスの死骸などがうまく排出されず、陰窩に溜まることがあります。陰窩は誰にでもあるくぼみなので、膿栓による口臭も人ごとではありません。

「膿栓」は気づかないうちに大きくなる

陰窩は口をかなり大きく開けて鏡で見ない限り自分では見えない部分にあるため、膿栓ができていることはあまり自覚されません。そのため、虫歯や歯周病の治療をしているのに口臭が治らない場合や体にも疾患があるわけでない場合は、膿栓の可能性があるかもしれません。目視確認は難しいですが、膿栓はくしゃみや咳をした時などの衝撃で飛び出してくることがあります。つぶすと強いニオイがするため、これが口臭の原因かと自覚できるのですが、毎回排出されるわけではないので、膿栓ができやすい人は再発の可能性が高いと言えます。

また、膿栓はいわば細菌の集合体のようなものなので、口の中の常在菌がそれらを栄養分にして増殖するというやっかいな面もあります。そのため、歯磨きをがんばっても口臭はひどくなるし虫歯や歯周病になりやすいという人は、のどの奥にある膿栓が悪影響を与えていることも考えられます。

「膿栓」ができたら耳鼻咽喉科を受診する

では、このやっかいな膿栓はどのように治療すれば良いのでしょうか。膿栓は咽頭部に発生するものなので、基本的には耳鼻咽喉科で受診しましょう。膿栓を自分で取り除こうとする人も多いようですが、自己除去するのは難しく、粘膜を傷付けてしまうこともあるためやめましょう。しかし、耳鼻咽喉科であれば専門の器具を使って吸引除去とともに、陰窩の洗浄もしてもらえます。なお、陰窩の治療をする時はのどの奥に器具を挿入するため、人によっては吐き気をもよおすことがあります。治療前は食事を控えておくと良いでしょう。

「膿栓」ができないようにするには

膿栓を予防するには、扁桃腺が腫れないように体調管理を怠らないことと、口の中の汚れを溜めないよう口内環境を清潔に保つことが大切です。口内環境を整えるには、次のような予防策があります。

こまめにうがいをする

歯磨きの時にうがいをするだけでは不十分なことがあるため、こまめにうがいをすると良いです。ただし、口の中でぶくぶくするだけではなく、喉の奥まできちんと水が行き渡るよう、水を少なめに含んでガラガラと奥までうがいしましょう。殺菌作用のあるカテキンが入ったお茶を使うのもおすすめです。

歯をすみずみまでしっかり磨く

歯と歯の間や歯と歯茎のすき間、奥歯のくぼみなどは歯垢が残りやすく、意識して磨かなければ細菌が繁殖し、膿栓が大きくなる元に。歯ブラシはスリムなタイプや小さいタイプのもので、細かい部分まで毛先が届くものを選びましょう。また、歯周病を予防して口内環境を整えるタイプのなた豆の成分を使った歯磨き粉などもおすすめです。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.