1. HOME
  2. 口臭の予防と対策親知らずが口臭の原因になりやすいって知ってる?

親知らずが口臭の原因になりやすいって知ってる?

親知らずが口臭の原因になりやすいって知ってる?

親知らずが口臭の原因に!

虫歯や歯周病を放置していると、原因菌からガスやニオイが発生して強い口臭を引き起こします。毎日しっかり歯磨きしているから虫歯も歯周病も大丈夫、と思っていても盲点になりやすいのが「親知らず」です。大人になって生えてくる親知らずは、奥歯の奥の、歯ブラシが届きにくい部分に現れます。この親知らずが、口臭の原因になっているケースもおおいにあるんですよ。

親知らずは虫歯になりやすい

親知らずは自分でも生えていることに気づかない場合も多く、きちんと歯磨きしにくいというのがとてもやっかいです。歯ブラシをうまく当てられないため虫歯になるリスクも高く、虫歯菌による悪臭が口臭の元になります。そのまま親知らずの虫歯を放置していると、歯の根元の神経がやられて膿が溜まり、嫌なニオイを発生し続けてしまいます。

親知らずが見つかったら早急に歯科医へ

また、親知らずには上から「歯肉弁」といって歯茎がかぶさっていることが多く、親知らずと歯肉弁のすき間に歯垢(プラーク)が溜まりやすいのです。親知らずのてっぺんには細かい凹凸があるというのも、歯垢を溜めやすい要因となっています。このような状態ではセルフケアだけではかなり難しく、奥歯の奥の歯茎が腫れて初めて気づくということも少なくありません。腫れているということは、歯垢や歯石が溜まって膿になっていることを意味しますので、口臭もかなりきつくなってしまいます。

親知らずが見つかったら歯科医で対処してもらうのが一番ですが、親知らずによる口臭を防ぐには、口の中の環境の正常化作用がある“なた豆”などを使った歯磨き粉を使うのも効果的です。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.