1. HOME
  2. 口臭の予防と対策間違った舌磨きで口臭悪化?正しい舌磨きで口臭ケアをはじめよう

間違った舌磨きで口臭悪化?正しい舌磨きで口臭ケアをはじめよう

間違った舌磨きで口臭悪化?正しい舌磨きで口臭ケアをはじめよう

舌の汚れまで意識していますか?

口臭予防や虫歯・歯周病対策のために、歯間ブラシやデンタルフロスを駆使してていねいに歯磨きをしている人は多いと思います。こうしたオーラルケアをきちんとすれば、口の中はいつも清潔で口臭も防ぐことができそうですが、実は口の中の汚れはそれだけではないんですよ。盲点となりがちなのが、「舌苔(ぜったい)」という舌の表面に付着する汚れです。
舌苔は、舌の表面にある角質が変形して硬くなり、角質同士のすき間に食べ物のカスや細菌、口内代謝物などが溜まって発生するもので、白っぽい苔のように見えることから名付けられました。自分の舌を鏡で見たときに、舌がピンク色をしていれば問題ありませんが、舌全体が白っぽく見える場合は舌苔がすでに付着している可能性が高いです。口臭の原因臭である揮発性硫黄化合物のうち、6割程度は舌苔(ぜったい)で発生するとも言われるほど、舌の汚れと口臭は関連性が強いのです。

舌苔はセルフケアで除去できる

舌苔が付着してしまう原因としては、口内細菌の繁殖や口呼吸などによるドライマウス、消化器系疾患など色々あり、原因がはっきりしないケースも見られます。舌苔を治療する専門の診療科は特になく、舌苔が気になる場合はまずは口内細菌が繁殖しないよう歯科医で虫歯・歯周病治療をするか、口臭外来などを受診すると良いでしょう。

舌苔も歯磨きと同じように、舌専用のブラシやタンクリーナーと呼ばれるアイテムを使って自宅でセルフケアできます。注意しておきたいのは、舌苔は誰にでもある程度は付着するもので、舌の表面を保護したり口内の細菌バランスを調整する役割もあります。そのため、口臭が気にならないにも関わらず、舌苔を除去しようとして無理に舌専用ブラシなどでこすると正常な細胞まで削り取って傷付けることになりますし、剥離したものが細菌の栄養分となって余計に舌苔が厚くなってしまうという逆効果になることもあります。そのまま使い続けると、味覚センサーの機能が低下して味覚障害につながるケースもあるため注意しましょう。ケアすべき舌苔の状態は、舌全体にビッシリと付いていて、明らかに正常な舌の色ではない場合です。

口臭を防ぐ正しい舌磨きのコツとポイント

舌苔は、間違ったケアをしていると口臭が悪化することがあります。先ほども触れたように、必要以上に舌専用ブラシなどでゴシゴシと磨くと、余計に悪臭の元となる細菌を増殖させることになります。では、正しい舌磨きのやり方とポイントをご紹介します。ちなみに、通常の歯ブラシはデリケートな舌には不向きです。必ず舌専用に開発されたブラシやクリーナーを使うようにしましょう。

1.舌磨きは1日1回で充分です。舌苔を完全に取りたいあまり、1日に何度も使う人がいますが、粘膜を傷付ける原因にもなるのでやめましょう。また、口臭は寝起きが一番強いので、舌磨きも朝にするのがおすすめです。

2.くり返しになりますが、決してゴシゴシと力を入れて磨かないようにしましょう。軽い力で舌の表面をなぞるイメージでOKです。

3.舌磨きをする方向は、奥から手前へ、が基本です。往復させたり手前から奥へと動かすことは、汚れをブラシが届きにくいところに集めることになってしまいます。

4.舌磨きに歯磨き粉を使う必要はありません。水やぬるま湯だけでも汚れを落とすことは可能です。間違って飲み込んでも問題がなく、清浄作用がある食品グレードの重層を専用ブラシにつけるのもおすすめです。

生活習慣を見直すことも舌苔予防や口臭予防になります。唾液の分泌量が減ると細菌が繁殖しやすくなるので、疲れを溜めず睡眠をしっかり取ることや、口の中をこまめにうるおすこと、よく咀嚼して食べることなどを心がけましょう。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.