1. HOME
  2. 口臭の予防と対策肺からくる口臭の原因と改善方法

肺からくる口臭の原因と改善方法

肺からくる口臭の原因と改善方法

疾患による悪臭は血液を巡って肺から出る

口臭というと、口の中が不潔になっているイメージを持ちますよね。たしかに、口臭の主な原因は虫歯や歯周病など口腔内環境によるものですが、中には肺からくる口臭というのもあるんです。例えば、胃腸や腎臓、肝臓など内臓に何らかの疾患があると悪臭が発生され、血液中に取り込まれます。そして、血管を巡った悪臭は肺に到達し、呼吸による空気交換によって口から吐き出され口臭となってしまいます。

口呼吸によるドライマウスも要注意

また、呼吸器系の疾患が口臭につながるケースもあります。呼吸器系の疾患と言っても色々ありますが、気管支炎や気管支ぜんそく、肺炎、鼻炎、咽頭炎など通常の鼻呼吸が難しくなる疾患の場合は、どうしても口呼吸になりがちです。口臭は口の中が乾くことで唾液が減り、細菌が繁殖することによって強められますが、まさに口呼吸はドライマウスの原因になります。この他にも、肺に膿が溜まる肺化膿症(肺膿瘍)やカビ菌に感染する肺のカンジダ症、肺腫瘍、肺がんなどに罹ると、呼気にニオイが混ざって腐敗臭がすると言われています。

呼吸器系の口臭かチェックする方法

こうした呼吸器系の疾患が疑われる場合は、早急に医療機関での治療を進めてください。これが口臭をなくす最も効果的な改善方法です。とは言え、病気による口臭かどうかまだ分からない場合は、口を閉じた状態で鼻から息を吐き出し、ビニール袋に入れて嗅ぐという確認方法があります。口の中のニオイとは混ざらないので、肺など呼吸器からくるニオイかどうか区別できます。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.