1. HOME
  2. 口臭の予防と対策自分で出来る口臭チェックの方法!大人のマナーを身につけよう

自分で出来る口臭チェックの方法!大人のマナーを身につけよう

自分で出来る口臭チェックの方法!大人のマナーを身につけよう

自覚しにくい口臭を自分でチェックしてみよう

“スメルハラスメント”という言葉があるように、他人の口臭は嫌なニオイとして認識されます。自分のニオイには慣れてしまって気づきにくい性質があるため、自覚しないまま、いつの間にか他人にストレスを与えていることがあるというのは口臭の難しいところでもあります。また、口臭はデリケートな問題として捉えられがちで、人からなかなか指摘されにくいという面もあります。そのため、自分の口臭が気になる人は次のような簡易的なチェック方法を試してみましょう。

  • 市販のブレスチェッカーなどの機器を使って測定する。
  • コップやビニール袋に息を吐いて閉じ込め、新鮮な空気を吸ってから嗅ぐ。
  • 使用後のデンタルフロスを嗅ぐ。
  • 手の甲を舐めて、1分ほど経ってから嗅ぐ。

慢性的な口臭を見極めるセルフ診断

一般的に、唾液が減って口の中が乾いた状態だと細菌が繁殖して口臭が強くなる傾向があります。そのため、口が乾きやすい寝起きの口臭は「生理的口臭」と言って誰にでも起こるものです。また、ニンニクやアルコールなどニオイの強い食べ物や嗜好品の影響で、一時的に口臭が強くなるのもよくあることです。こうした一時的な口臭以外に、慢性的な口臭の有無を自分で判断できる問診をご紹介します。

  • 日中も口の中が粘つく
  • 口の中が乾きやすい
  • 舌の表面に白っぽいものが付着している
  • 自分でも口のニオイが気になる
  • 歯磨きをすると血が出ることがある
  • 治療していない虫歯がある
  • 歯と歯の間に食べ物が詰まりやすい
  • 口内炎ができやすい
  • タバコを吸う
  • 糖尿病や胃潰瘍を患っている
  • 生活が不規則でストレスが多い
  • 歯磨きは1分以内で済ませる

3つ以上当てはまるという人は、口臭リスクが高まっているかもしれません。

正確に診断するなら「口臭外来」で

口臭を自宅でセルフチェックする方法以外に、病院で専門的に診断してもらう方法もおすすめです。総合病院や歯科医院では「口臭外来」という専門の診療科を設けているところもあり、口臭レベルの検査や医師の指導などが受けられます。

口臭の原因とされる揮発性硫黄化合物がどれくらい検出されるかなど、専門の機器を使って測定してもらえるため、あいまいな部分が残るセルフチェックとは違い、きちんとデータとして“可視化”できるというメリットがあります。

口臭の原因がはっきり特定されれば、そこからさらに専門の診療科で治療を受けられます。口腔内の原因ではなく、呼吸器系や消化器系、糖尿病など全身疾患が口臭引き起こしている場合もあるので、原因をはっきりさせたい場合は専門の口臭外来に相談してみましょう。

口臭を防ぐには効果的な歯周病ケアを

口臭は毎日の体調にも左右されるので、セルフチェックした時は大丈夫でも体調が悪い時はニオイが強くなることも大いにあります。そのため、特に人と接する機会が多い営業や接客業の方などは、大人のマナーとしてエチケットや予防ケアを意識しましょう。

口臭予防で最も大切なのは歯磨きです。朝晩だけでなくランチの後も歯磨きをして余計な歯垢が残らないようにします。お口のケアは歯だけではなく、歯茎の健康も意識するよう心がけてください。特に年齢を重ねると歯周病のリスクは高まり、40代の8割以上は歯周病にかかっていると言われています。オーラルケアのアイテムも歯周病に効果的なものを使うと、効果的な口臭予防になります。歯ブラシはスリムタイプやコンパクトタイプで歯と歯のすき間や歯と歯茎の境い目にも小回りが効くものを、歯磨き粉は歯茎の血行を促進させる作用や口腔内環境を整える作用のあるものを選ぶようにしましょう。歯茎を引き締める塩が配合されたものや、歯周病ケアで注目が高まっているなた豆などが配合されている歯磨き粉もおすすめです。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.