1. HOME
  2. 口臭の予防と対策睡眠不足も口臭の原因に!その理由は自律神経の乱れにあった

睡眠不足も口臭の原因に!その理由は自律神経の乱れにあった

睡眠不足も口臭の原因に!その理由は自律神経の乱れにあった

口内に発生する雑菌やドライマウス、耳鼻咽喉科系疾患などさまざまな原因で起こる口臭。こうした口臭が睡眠不足によって悪化するということをご存知でしょうか?ここで睡眠不足と口臭の関連性について考えてみましょう。

睡眠不足が招く自律神経の乱れ

睡眠不足で十分な休息がとれなかったり、夜更かしして朝遅くまで起きているなど不規則な生活が続くと、私たちの体をコントロールしている自律神経が乱れてしまいます。

自律神経は日中活動しているときや緊張しているとき、ストレスを感じているときにはたらく「交感神経」とリラックスしているときや眠っているときなどにはたらく「副交感神経」の2つで構成されています。

睡眠不足が続くと交感神経が活発な状態が続き、体の疲れを回復させることができなくなってしまいます。また交感神経は唾液の分泌量を低下させる作用があるため、口内が乾燥して虫歯菌や歯周病菌が繁殖しやすくなり、口臭が悪化しやすくなるのです。

歯磨きが睡眠不足の原因になることも?

寝る前に歯を磨いたらなんだか目が覚めてしまった、という経験はありませんか?歯磨き粉の中にはすっきり感の高いミントタイプが多く、朝に目を覚ますのには適していても、就寝前に使用するのには適していないものもあります。また歯ぐきを刺激すると良質の睡眠を招くメラトニンの分泌が減ってしまうという報告もあるようです。

できるだけ就寝直前の歯磨きは避けるようにし、歯を磨くときにはミント系ではなく、なたまめ歯磨き粉のような刺激の少ないタイプを選ぶとよいでしょう。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.