1. HOME
  2. 口臭の予防と対策銀歯や差し歯からの口臭はどうしたらいいの?原因を知って対策しよう

銀歯や差し歯からの口臭はどうしたらいいの?原因を知って対策しよう

銀歯や差し歯からの口臭はどうしたらいいの?原因を知って対策しよう

口内に繁殖する虫歯菌によって起こる虫歯。歯科医院で治療して銀をかぶせたり、差し歯にしてもらったところその歯の周辺からイヤな臭いがしてくることがあります。実際にどんなにていねいに歯を磨いても、銀歯や差し歯から臭いがすると再度歯科医院を訪れる人も少なくないのだそうです。ここで銀歯や差し歯から起こる口臭の原因とその対策について詳しく考えてみましょう。

銀歯や差し歯から臭いが起こる原因とは

銀歯や差し歯にしてあるからといって、その歯が2度と虫歯にならないというわけではありません。時間が経つにつれて銀歯や差し歯にすき間ができ、そこから虫歯になって口臭の原因になることがあるのです。こうしたケースでは鏡でチェックしても虫歯であることがわかりづらいのが難点です。

また完全に銀をかぶせてしまうような治療をした時に、虫歯が進行していていたため神経をとってしまったというケースでは痛みも感じないため、虫歯に気がつかないことも多いのです。口臭がする段階では内部で化膿を起こしていることもあるので、できるだけ早く歯科医院で診察を受けるようにしましょう。レントゲンを撮ってもらえば内部が虫歯になっているかどうかも分かります。

銀歯や差し歯のズレ、精度の低さでも起こる臭い

治療をして数年が経過すると、銀歯や差し歯の間のすき間が広がってきます。またクラウン(かぶせた銀やセラミック)や差し歯の精度が低いために初めからすき間ができていることもあります。

このような虫歯になっていないケースでも銀歯や差し歯のすき間に食べかすがはさまったり、歯垢が溜まりやすくなったりして腐敗臭を放つことがあるのです。放置しておくとさらに細菌が繁殖して歯ぐきが炎症や化膿を起こし、歯周病となって臭いの原因になることもあります。

銀歯や差し歯は見た目がきれいな状態でも、歯周病が進行すると歯槽骨と呼ばれる歯の土台となっている骨が溶けだし、歯と歯ぐきの間にある歯周ポケツトに膿がたまってしまうこともあるのだそうです。この段階になると虫歯菌や歯周病菌の臭いが合わさって、口臭もきつくなる可能性があります。

また銀歯や差し歯にした部分の高さが合っていないなど、かみ合わせが悪い状態になると、歯ぐきに負担がかかることでその部分が炎症を起こし、やがて膿がたまって口臭の原因になることもあります。銀歯や差し歯のかみ合わせがおかしいな…と感じた場合もすぐに歯科医院で調整してもらうようにしなければなりません。

痛みがない場合も安心は禁物。その理由は

進行した虫歯を銀歯や差し歯にした場合、歯科医師から「歯の神経を取るか・残すか」について説明を受けたのではないでしょうか。神経を取ってしまうと歯の寿命が短くなることもあり、可能な限り神経を残す方法を取ることが多いのですが、銀歯や差し歯にした後に内部で歯の神経が死んでしまうことがあります。

神経が死んだ部分は空洞となって、そこに細菌が溜まり化膿して膿がたまることになります。神経が死んでしまっているため知覚は失われ、痛みを感じることもありません。神経を残す場合はダメージの大きさを見極めて慎重に判断してもらわないと、結局クラウンをかぶせた後に神経が死んでしまうという結果になることもあるのです。

デンタルフロスやマウスウォッシュで解決しないなら歯科医院へ

銀歯や差し歯の臭いが気になるという場合、まずは歯科医院で相談して内部が虫歯になっていないか検査してもらいましょう。虫歯になっていれば治療し、必要があればクラウンを交換してもらいます。

虫歯が原因でない場合、歯磨きの方法を見直してみましょう。まず歯磨き後にデンタルフロスを使ってすき間に詰まっている食べかすや歯垢を取り除くようにしたあと、殺菌効果のあるマウスウォッシュを使ってもいいでしょう。膿がある場合は膿を出しやすくする効果の期待できる、なた豆歯磨き粉を使ってみてはどうでしょうか。

上手なケアにはちょっとコツがいる

具体的な症状などの検査は歯医者さんに診察をうけることでしか分かる方法はありませんが、毎日のブラッシングやケアはご自身がきちんと行う必要があるため、是非正しい方法を覚えるようにしましょう。

そもそも口臭や虫歯など、お口のトラブルを回避するためには毎日のケアが欠かせません。先ほども少しお話したように、デンタルフロスなどを活用しながら、お口のなかの手が届きにくいところまで汚れを取り除くことを習慣にする必要があるのです。

正しい歯ブラシの使い方を覚えていきましょう

意外と多くの方が出来ていないのが「正しい歯ブラシの使い方」です。歯磨きをするなんて誰にでも出来る、これは確かにそうなのですが、口内の隅々まできちんと磨けているかどうかというと多くの方が不十分である場合が多いようです。歯磨き自体は特別難しいものではありませんが、ちょっとしたコツを取り入れていかなければ奥までしっかり磨くことが難しいです。

では正しい歯磨きを行うためにはどうすればいいのか、一番おすすめの方法は歯医者さんで教えてもらうというものです。専門家の指導は的確であること、正しい知識を取り入れることができるという点においても大きいです。自己流では磨ききれていない部分も教えてもらうことができますし、正しいケアのためには正しい場所で学ぶことが大切です。

なた豆歯磨き粉で爽快な気分になりましょう

また、さらに爽快なお口を手に入れるためにおすすめしたいのがなた豆歯磨き粉です。お口にネバつきや不快感を感じた時はずばりケアを行うその時です。先ほどもご紹介したように、丁寧な歯磨きを行うことで軽減されますがそれにプラスしておすすめなのがなた豆歯磨き粉です。

なた豆は天然由来の植物が配合されていることから、とても優しい成分なのが嬉しいですね。毎日使っていくものだからこそきちんとしたものを使いたい、できるだけ身体に優しいものがいいと思っている方にも手に取っていただきやすいのではないでしょうか。

歯磨きは誰でも毎日行うものだからこそ、それをきちんとできているか出来ていないかに差がつきやすいものです。歯の健康を守ることが出来るのは誰でもなく自分自身。あれこれ難しく考えるのではなく、まずは自分に出来ることからやってみてはいかがでしょうか。歯ブラシやフロスなど、便利なアイテムは手に入れやすいので是非今日からでも買いそろえて活用してみてはいかがでしょう。

銀歯や差し歯にしても歯科検診はかかさないこと!

銀歯や差し歯にしたからといって、その歯が二度と虫歯にならないというわけではありません。治療後も3か月から半年に1回は歯科医院で検診を受けて、虫歯や歯周病が進行していないかチェックしてもらうようにしましょう。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.