1. HOME
  2. 口臭の予防と対策あなたの口臭はどのタイプ?口臭の種類と臭いの特徴まとめ

あなたの口臭はどのタイプ?口臭の種類と臭いの特徴まとめ

口を開く女性

口臭というのは自分では気が付きにくく、それでいて人には大変嫌な思いをさせてしまうので、かなり厄介なものです。そんな口臭にも種類があり、原因ごとに匂いが違うので、簡単にまとめてみましょう。

歯周病からくる口臭

歯周病からくるタイプの口臭の特徴は、腐った肉の匂いや膿の匂いと例えられることが多いです。それもそのはずで、歯周病の原因というのは歯周ポケットに溜まった食べかす。これが腐って匂いを発していれば腐った肉のような匂いがしても当然のこととしか言えません。

他にも排水溝の匂いやドブ川の匂いと例えられるほど酷く、一刻も早く何とかしないと、会社や学校で人が近寄らなくなってしまうようなケースもあります。しかも、歯周病自体も放置しておけば歯が抜け落ちてしまうので、早めに気づければ早めに歯医者へ行って診察してもらってください。

歯周病いがいの口内トラブルの口臭

歯周病の匂いでない場合は、他の口内トラブルの可能性も考えられます。例えば舌に舌苔という白いものが付着すると、牛乳を拭いたぞうきんのような匂いがし、相手にとても不快感を与えてしまでしょう。これは、食べかすなどが舌によってキャッチされ、残ってしまった状態なので、匂いがきついのも当然です。舌苔は喫煙や胃の調子が悪い時にも現れるので、世間的に多い口臭の原因とされています。

そんな舌苔は、舌を歯ブラシで磨く、または舌に歯磨き粉を塗るなどの処置が必要でしょう。他にも、銀歯の中に食べかすが詰まってしまって、それが取れずに腐敗。そして生ごみのような匂いを発するときがあります。銀歯も完ぺきではないので、中に食べかすがはいって知らないうちに虫歯になってしまうこともあるのです。これは歯医者に行かないと治療してもらえません。

ちなみに、虫歯からの場合、チーズなど乳製品の匂いがすると例えられており、匂い特徴があるのですぐに口臭があると分かってしまいます。口の中のトラブルで口臭がする前に、きちんと効果のある歯磨き粉を使って口の中を清潔に保ちましょう。

胃からくる口臭

以外に多いのが、この胃からくる口臭。胃からの場合まるで卵が腐ったかのような匂いがすると言われており、直で嗅ぐとつい鼻をつまみたくなってしまうほど酷い匂いです。原因としては、胃潰瘍や胃炎などの胃に関係するものの可能性が高く、詳しくは病院で検査をしなくては分かりません。

消化しきれなった食べ物が胃の中で腐り、その匂いが食道を通じて口から発せられている可能性もあります。胃はストレスを受けやすいので、日常的にストレスを感じている人は、それも原因のひとつかもしれません。

腸からくる口臭

腸からくる口臭はおならのような匂いがします。腸の調子が悪いということは、おそらく便秘か何かの問題を抱えているはずです。そうすると、体内に残ってしまった便の影響が口臭にまで出てくるため、口からおならのような匂いがしてしまいます。

分かりやすく言うと、ゲップのようなもの。人間の体内に老廃物が溜まってしまうと、その匂いが口から出てしまうのは構造上仕方ありません。便秘に効果的なお茶などを飲んで、腸を整え、快便をこころがけ匂いを消しましょう。

口の乾燥からくる口臭

口の中が何かしらの理由で乾燥した時にも強い口臭がします。この匂いのたとえは少し酷いのですが、大便のような匂いがするとされ、絶対に人に嗅がせたくはないものです。口の中が乾燥する理由はいろいろありますが、一番多いのはアルコールによるもの。アルコールは体内の水分を奪い、唾液の分泌を止めてしまうため、口内がカラカラになり、口臭を発生させます。お酒を飲むなとは言いませんが、口の中が乾燥するほどの飲酒は控えましょう。

口臭を防ぐためにはまずチェックしましょう

お口の中のにおいは自分自身が気になることももちろんですが、周りの方を不快にさせてしまうなど、思っている以上に与える影響は少なくありません。また、それが一度気になり出すとそればかりに意識が集中してしまいまわりのことがおろそかになってしまうこともあります。

人付き合いもそれをきっかけに疎遠になってしまうなど、口臭によって失うことは決して少なくありません。しかしただそれを恐れているだけでは何の解決にもならない、だからこそ真正面から口臭と向き合っていく必要があります。

先ほど口臭の種類についてお話しましたが、まずはご自分がどのタイプに当てはまるのかを探してみることが第一歩です。多くの方は歯磨きがきちんとできていないからだろう、と思い込んでいるかもしれませんが理由は先ほども挙げたようにひとつだけではないのです。

もしくはいくつかの原因が複合している可能性も否定できないなど、口臭は一筋縄ではいかないことも。そうなってくると必要な対策がひとつだけではないことも分かります。その都度必要なことをしていくためにも、自分はなぜ口臭が起こっているのか、その原因を探ることからはじめてみましょう。

できることをひとつずつやっていこう

もっとも基本的な口臭を防ぐ方法と言えばやはりブラッシングです。歯磨きは口臭だけでなく虫歯や口の中の清潔さを保つために欠かせないものです。できれば歯ブラシだけでなく歯間ブラシやデンタルフロスなどの、歯の隙間にも届くアイテムを使うことをおすすめします。口臭の原因はこの隙間に隠れていることも多いので、積極的にケアしていくことがおすすめなのです。

胃腸などに原因が隠されている場合は、まずはきちんと診てもらうのがおすすめです。自分自身でできる対策といえば暴飲暴食を防ぐ、お腹に優しいものを食べるようにするなどがあげられますが、それ以外が原因である場合は自力ではどうにもできないこともあります。自分ひとりで判断してしまうのではなく、その都度必要なことを一つずつ行っていくことが口臭を防ぐことにも繋がっていくのだ、ということを覚えておいてください。

他者へ与える影響が大きい口臭の悩みはついつい抱え込んでしまいがちです。普段から水をよく飲むようにするなど、歯磨き以外にもできることはたくさんあります。一度に全てを行う必要はありませんので、まずはできることからやってみましょう。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.