1. HOME
  2. 口臭の予防と対策口臭の原因物質は1つじゃない!口臭の成分と対策まとめ

口臭の原因物質は1つじゃない!口臭の成分と対策まとめ

女性の口元の画像

口臭は人間であれば、個人差はあれど誰でも持っているものです。しかし、人によって口臭には違いがあり、原因物質によっていろいろな特徴を持っています。そんな口臭を作り出している成分とは一体何なのか、対策と共に解説していきます。

VSCが口臭の主な成分

口臭を作り出している成分の代表と言えるのがVSCと呼ばれる成分です。これは揮発性硫黄化合物というのが正式名称なのですが、あまりに長いので通称VSCと呼ばれています。VSCはメチルメルカプタンを初めとする、いくつかの物質が混ざり合うことで悪臭を放っており、これが普段吐く息の中に混ざってしまうと、とんでもない口臭となってしまうのです。

揮発性とあるように、唾液に溶け込みやすいという性質をもっているのも厄介で、口の中で常に臭い息を待機させることになってしまいます。ちなみに、唾液に溶け込むと唾液が苦くなるので、自分でも「あ、これはVSCの仕業だな」と分かることがあるでしょう。

こんなVSCによる口臭への対策に一番いいのはおならを我慢しないことです。VSCにはおならが密接に関係しています。何故なら、おならを我慢していると体の中にVSCが溜まり、次第に血液に溶け込んで肺の中に潜伏するのです。肺というのは、悪い空気を外に出して、綺麗な空気を取り込むために臓器ですので、肺に潜伏しているVSCは当然呼吸をした時に外に排出されます。

この時、鼻で呼吸をしていればいいのですが、口からだとVSCの匂いがもろに外に出てしまい、酷い口臭となってしまうのです。おならをいくら我慢したところで、最終的には口臭という形で外に排泄されることとなるので、出来るだけ我慢しないようにこころがけましょう。

口臭とアンモニアの関係

アンモニアといえば、おしっこに含まれていることで有名で、独特の匂いを持っているので気づきやすいのも特徴です。そんなアンモニアも口臭と関係があり、主に歯のトラブルの際に口臭がアンモニア臭くなります。というのも、歯周病の原因となるプラークや歯石にはアンモニアが多く含まれており、放置しておけば口の中にアンモニア臭が広がってしまうのです。

これに先ほどのVSCが混ざると大変で、何とも表現しにくい悪臭が口の中から発生するようになります。アンモニア臭は歯のトラブルで発生することが多いので、対策には歯を何とかするのが一番近道でしょう。何とかと言っても大げさに考える必要は全くなく、単純に毎日歯磨きをしっかりしてあげればいいだけです。

歯磨きを上手にするコツとしては、柔らかい歯ブラシで優しく擦ってあげること。そこになた豆の歯磨き粉など歯の汚れを効率よく落とすものがあれば言うことはありません。アンモニア臭は歯周病の前の体からのサインですので、見逃さないようにしてください。もちろんアンモニア臭に限らず、口臭というのは体のどこかに異常が発生している状態ですので、常に気を付けておかなければなりません。

ジメチルサルファイドの悪臭

ジメチルサルファイドは口の中の粘膜が無くなる際に出てしまう口臭で、生ごみのような匂いがするとされています。胃の中で食べ物が消化される際にも発生することがあり、これについては健康的な人でも少しは仕方のない口臭と言えるでしょう。ただ、あまりにも匂いが強い場合は、食生活に問題があるのかもしれません。

食べたり飲んだりしたものが胃の中で混ざり合い、その量が多いと消化までに時間がかかってしまい、次第に匂いが強くなってそれが口の中からしてきます。このような匂いに覚えがある人は、少しでも口臭を和らげるために、暴飲暴食を避けるようにしてみてください。それでも匂いが収まらないのであれば、他の原因を疑ったほうがいいでしょう。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.