1. HOME
  2. 口臭の予防と対策イソジンでうがいをすると口臭が消える?同時に根本的な対策も必要

イソジンでうがいをすると口臭が消える?同時に根本的な対策も必要

右手でオッケーをする女性

口臭はどうやって防ぐ?身近なもので口臭を改善させよう!

どんなにキレイに着飾っていたとしても、その人から発せられる口臭がイヤな臭いだったらどうでしょうか。恐らくほとんどの方が不快な気持ちを抱くでしょう。見た目を気にすることも大切なことですが、見えない部分にこそより気をつけなければなりません。においというのは人の記憶に一番残りやすいものとしても知られているため、特に重点的に気を遣わなければいけないところです。

しかし口臭は色んなことが原因となって起こります。朝起きた時に口の臭いが気になる、お腹がすいてくるとイヤな臭いが体の中から上がってくる、そういった経験をしたことがある方はおそらくほとんどの方が当てはまるでしょう。これは生理的口臭とも呼ばれ、人間の体として起こる当然の口臭です。もちろんこれを予防するためにこまめな水分補給を心がける、昼食後は歯を磨く、ガムを噛んで唾液を分泌させるなどのケアは必要です。つまり口の中の細菌を増やさないようにすることが予防に繋がるというわけです。

この細菌に注目してみると、ある意外なものが口臭予防に役立つことが分かります。それはCMでもおなじみのうがい薬「イソジン」です。喉に付着した菌を殺菌するために役立つもの、という認識が強いのですが、実はこのイソジンが口臭を改善するのに一役買ってくれるのです。その秘密はイソジンの持つ「殺菌作用」にあります。

イソジンで口臭除去できる?その仕組みとは

イソジンに含まれている成分として「ポピドンヨード」というものがあげられます。これこそが殺菌効果をもつ成分で、風邪の際は喉に付着しているウイルスや細菌などを殺菌してくれる効果を持っています。ご存知の通り口の中というのは細菌だらけで、驚くべきことに起きたすぐ後の口内の細菌の数は肛門よりも多いと言われています。一般的なイメージですと肛門のほうが汚い、と思いがちですが細菌の量は圧倒的に口内の方が多いのです。

そのため起きてすぐに口をゆすぐ、歯を磨くというのが推奨されているのです。食べ物を食べたり飲んだりする部分がそれほどまでに汚いというのは、想像していなかったという方も多いでしょう。話は逸れましたが、この細菌の数を減らすことはすなわち口臭を抑えることに直結するというわけです。

イソジンはドラッグストアやスーパーなどでも販売されており、誰でも気軽に購入することができます。うがい薬だからといってただ普通にうがいをするのではなく、口に含んで両頬の内側を洗い流すようにゆすぐのが口臭予防という点において効果的です。口内の細菌は一時的に減りますがまた増えていきます。しかし、だからといって何度もイソジンで口をゆすぐ必要はありません。基本的には一日1〜2回程度にとどめておきましょう。何でもやりすぎはよくありません。

それでも気になる口臭は他に原因が隠れているかも?

ただイソジンで口をゆすぐだけでなく、歯磨きをしっかり行って臭いの原因となる歯垢や歯の汚れを落としておくことも大切です。そのうえでイソジンを使えば高い口臭予防効果が期待できるでしょう。しかしそれでも治らない、根本的に改善していきたいというのであれば一度体のことを見直してみることも必要です。歯科医の検診を受けていなければ一度診てもらう、アルコールを飲み過ぎていたり胃に負担をかける生活が続いているなら少し体を休める、こういったからだの健康を見直すことも口臭を改善するためには必要です。

口がただ臭いだけ、たったこれだけの事実で自分も周りも不快な気持ちにさせてしまうことがあります。たかが口臭とあなどらず、自分の体をメンテナンスする気持ちで対策を行っていく必要があります。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.