1. HOME
  2. 口臭の予防と対策腐敗臭のする口臭の原因は胃腸だけじゃない!口の中も見直して対策

腐敗臭のする口臭の原因は胃腸だけじゃない!口の中も見直して対策

同僚の女性から避けられているサラリーマン

体の調子はどうですか?口臭の原因を探ってみましょう

時に人の印象を左右させることもある「口臭」ただ口の臭いごときでそんな、と思われるかもしれませんが、どんなに綺麗に着飾った人がいても口臭がキツイとそのイメージが強くなるのではないでしょうか。また、口臭がキツいことでその人の生活習慣の乱れや清潔感なども、なんとなく見えてくるものがあるのではないでしょうか。一般的に口臭というのはめずらしいものではなく、誰にでも存在しているものであります。

ですから必要以上に気にすることはありませんが、人と接する機会が多いのであれば多少、相手が不快にならない程度の気配りは必要になります。普段しっかりブラッシングをするのは基本ですが、それ以外にも必要なケアはたくさんあります。口臭にも臭いのパターンがそれぞれ存在するため、それに応じた対処法をとることが口臭をなくすためにできることです。例えば口臭の中でもイヤだな、と感じやすい臭いが「腐敗臭」その文字からも想像できるように、物が腐ったような臭いがする口臭はかなり厄介です。

ゴミ箱から臭ってくるのではありません、口内からそんな臭いがするということは何か重大な要因を体に抱えてしまっているというわけです。自分の口からは腐敗臭のような口臭がする、なんとなくそれを受け入れるのではなく、気づいたり指摘された時点でまず原因を探ることから始めてみましょう。ただ歯磨きを続けているだけでは治らない可能性は大です。

腐敗臭のような口臭!その原因と対処法とは?

腐敗臭のような口臭、まずこれが起こる原因としてあげられるのはいくつかあります。そのなかでも代表的な物は「生理的口臭」です。これは歯周病などの具体的な疾患が原因で起こるものではなく、誰にでも起こりうる口臭のことです。例えば朝起きてすぐの時やお腹が減った時に口臭を強く感じることはありませんか?これは口内の細菌が分解し、腐敗することによって起こるものです。腐敗する際に発生するのが硫黄を含んだ成分であり、それこそが腐敗臭の原因となります。

また胃の調子が悪いときちんと食べたものが消化されにくくなります。すると消化されずに残ってしまったものが胃の中で腐敗し、それが血液と一緒に吸収されてしまい呼吸をした際に腐敗臭として表れることもあります。胃の調子が悪ければ必ず起こるというわけではありませんが、原因の一つとして考えられることです。

やはり口臭は口の中からということで、歯周病が原因で腐敗臭が起こる場合もあります。歯周病の場合は生理的口臭とはまた違った化合物が発生するため、歯周病独特の口臭がすることもあります。いくら歯を磨いてもだめ、歯磨き後も口臭が気になるという方は早めに歯科での治療をおすすめします。いずれにせよ口内に原因が隠れているのか、内臓の疾患が原因となっているのか自身の体を見直すことが大切です。それに応じて必要な対処法をとるようにしましょう。

腐敗臭の口臭は体の不調を教えてくれるサインでもあります

いずれにせよ口臭が発生しているということは、何かしらの疾患が隠れているということです。腐敗臭の場合は胃の不調や歯周病などが考えられますが、そういった原因の場合は普段の生活習慣を見直すことでかなり改善させることが出来ます。

歯周病の予防効果が高いなた豆歯磨き粉を使うこともひとつですし、歯科医に診てもらうことも時には必要でしょう。いつまでも症状が改善されない、何か不安な気持ちを抱えているのであれば、迷わず診察を受けることをおすすめします。口臭は人の印象を左右するものですから、決してあなどってはいけません。堂々と人と接するためにも、また健康のためにも口臭をなくすようにしましょう。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.