1. HOME
  2. 口臭の予防と対策リステリンで口臭が消える?特長や効果的な正しい使い方について

リステリンで口臭が消える?特長や効果的な正しい使い方について

リステリンで口臭が消える?特長や効果的な正しい使い方について

うまく活用すれば口臭をなくせる?「リステリン」の効果とは

オーラルケアにマウスウォッシュを使用しているという方は意外と多いのではないでしょうか。歯磨き粉などとはまた少し違ったもので、ミントなどすっきりした味わいのものが多く販売されています。様々な種類のものがありますが、歯磨きが終わった後の仕上げに軽くゆすぐとより一層口の中をスッキリさせてくれます。人と会う前のエチケットとして口臭をカットするのはとても大切ですので、こういったものの人気が高まるのも頷けます。

マウスウォッシュのなかでも人気の高い商品の一つといえば「リステリン」のシリーズです。最近では様々な種類のものが販売されていますが、主に口の中の殺菌や口臭、虫歯予防を目的として作られた商品です。よく誤解されやすいのですが、こういったリステリンを使って口をゆすげば歯磨きはしなくていい、というものではありません。歯垢や汚れといったものは歯の隙間に入り込んでいるため、歯ブラシやフロスを使ってかき出さなければなりません。ですからこれを歯磨き代わりに使っているという方は使い方を間違えていますので、今日から正しく使いましょう。

口の中には様々な菌が存在していますが、リステリンに含まれている有効成分はそれらに効果を発揮します。例えば口臭の原因をつくるものの一つとしてあげられる食べカスなどもリステリンを使って除去したり、殺菌することができるため一時的な口臭予防には高い効果を発揮してくれるでしょう。そしてこれは口臭だけでも虫歯予防に繋がっていくのです。

リステリンだけで全ては解決できないので要注意!

リステリンを使用したことがある方ならお分かりでしょうが、ゆすいだあとは口がとてもサッパリとした爽快な気分になります。先ほども触れたように、このサッパリ感を目安にしてしまうと「歯を磨かなくていいや」と思ってしまう方もいるのです。何度も言いますがこのリステリンだけで歯の汚れは落としきることはできませんし、口臭の原因を取り除くこともできません。正しい使い方は「きちんと歯磨きを終えた後に仕上げとしてゆすぐこと」です。

商品は口臭予防などにも効果があるとうたっているため、これを使えば口臭を無くすことができると思い込んでいるかたも多いようです。しかし歯周病などが原因で起こっている場合はこのリステリンだけで解決できないこともあります。何が原因なのかを探ることは基本的に自分だけではできませんので、歯科医に判断をゆだねるべきです。いくらリステリンでゆすいでも口臭が消えない、という方はそれだけではどうにもできないということです。

口臭の原因というのは自分の思わぬ所に潜んでいることが多いため、どんな対処法を試してみても効果がなかった、という場合にはきちんと専門家の診察と治療を受けるようにしましょう。それを終えた上でリステリンを活用することが本当の意味での口臭予防に繋がっていくのです。

口臭の原因はさまざまなところに隠されていることも

お口のにおいというのはとてもデリケートな問題だからこそ、なかなか人には打ち明けにくい部分もあります。しかし、気にすれば気にするほどにおいがひどくなってしまうこともありますので、放置することは決していいこととは言えません。先ほどもご紹介したように、やはり基本はブラッシングをきちんと行うことが重要です。

正しいブラッシングを知らないという場合は、まずそれを覚えることから始めてみましょう。例えばおすすめの方法としてまず、歯科で指導してもらうこと。これが一番確実な方法です。自分の癖で磨いているため、磨き残しがある部分などを的確に指摘してもらえるなど、一番手っ取り早く正しい歯磨きを覚えることが出来ます。

あとは動画などをチェックしてみるのもおすすめです。最近は歯磨きの方法も動画を見ながら覚えることができます。自分で磨き残しをチェックしづらいというデメリットはありますが、まずは大体の歯磨きの流れを掴めること、意識して磨くことは意識せず磨くよりずっと効率的であると言えます。すぐに歯医者さんへ行けない、という時はまずは動画などをチェックしてみましょう。

お口がスッキリするとさわやかな気持ちになります

正しい歯磨きができると、普段よりもお口の中がスッキリとするので爽やかな気分になれるでしょう。なんとなく歯磨きをしていると、どうしても磨き残しが多くなってしまいがち。上下裏表とそれぞれ意識しながら磨いていくことで隅々までしっかりと磨くことが出来ます。リステリンは口に含むだけですっきり感がありますが、それだけでさっぱりしたと満足してはいけません。

歯ブラシを使ってしっかり磨き上げること、それに加えてデンタルフロスなどで隙間まで汚れをきちんと取り除くことでより口臭予防へと繋がっていきます。口臭がなくなると周りへ与える印象もよくなりますが、何よりもご自身の気持ちが前向きになるというメリットがあります。

口臭は多くの方が悩みを抱えながらもそれを解決できずにいるのが現状です。しかしきちんとケアを続けていくことで、その悩みをなくしていくことはできるのです。リステリンもそのために役立ってくれるアイテムの一つ、だからこそ毎日のブラッシングと一緒に活用してみてはいかがでしょうか?是非ご自身の爽やかな毎日を手に入れるためにも、できるケアから一つずつコツコツと始めてみましょう。

正しいブラッシングとリステリンを併用すること

まず大切なのは基本のブラッシングとケアを覚えることです。歯ブラシだけではすべての汚れを取り除くことはできないので、フロスや歯間ブラシを使って隙間の汚れも落とすようにしましょう。これは虫歯予防だけでなく歯周病予防や口臭予防にもつながります。

そしてそれを終えたらリステリンの登場です。ピリピリ刺激がある方が効果があるかも!と思うかもしれませんが、無理して使い続けると粘膜を痛めてしまいかねません。痛みを感じるのであれば低刺激のものを選ぶようにしましょう。口の中の環境を整えるためには、こういったことに気を配るのも重要です。是非ブラッシングと併用してお口の健康を守ってください!

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.