1. HOME
  2. 口臭の予防と対策ピロリ菌が口臭の原因だった?!臭いの特徴や理由、対策方法

ピロリ菌が口臭の原因だった?!臭いの特徴や理由、対策方法

ピロリ菌が口臭の原因だった?!臭いの特徴や理由、対策方法

その口臭の原因は胃にあった!「ピロリ菌」とは一体?

いくら歯を磨いても臭いが気になる、歯周病でもないのに口臭が発生している。こういった症状で悩んでいる方はいませんか?実はその口臭が口の中のトラブルが原因ではなく「胃」にある可能性があることをご存知でしょうか。その原因の一つとして考えられるのがずばり「ピロリ菌」です。ピロリ菌は日本人の半数ほどが胃に保有しているといわれている細菌のこと。胃潰瘍や慢性的な胃炎などを引き起こす可能性がある細菌なのです。

なぜピロリ菌が口臭を引き起こす可能性があるのか、そのメカニズムを簡単に説明していきましょう。ピロリ菌は胃を攻撃することで胃の不調を招きます。すると胃痛や消化不良などが起きるため、食べたものが消化しきれず胃に溜まり続けます。するとそれらが「異常発酵」してしまいガスを発生させるのです。このガスはやっかいなことに血液と一緒に取り込まれて体内をかけめぐってしまうのです。

まずは検査を受けてみて、それから治療する

ピロリ菌が体内にいるかどうかは検査によって分かります。除菌する方法は薬を飲むことですので、もし口臭の原因が胃からきていると感じるのであれば一度診察を受けることをおすすめします。胃の不調が原因で口臭が発生することは十分考えられることです。いくら歯を治療しても口臭が消えない、という方はピロリ菌も疑ってみてください。口臭の対策は口内を清潔にすることだけではない、ということを覚えておきましょう。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.