1. HOME
  2. 口臭の予防と対策虫歯が原因で口臭がする理由は?ひどくなる前にキチンとケアしよう

虫歯が原因で口臭がする理由は?ひどくなる前にキチンとケアしよう

虫歯が原因で口臭がする理由は?ひどくなる前にキチンとケアしよう

虫歯が原因で口臭?あなたのお口は大丈夫ですか?

口臭に悩まされている、という方は実は少なくありません。その証拠に最近では多くのエチケットグッズが販売されており、どれも高い人気を誇っています。手軽な対策としてはガムやタブレットなど、日常のケアとしてマウスウォッシュを使っているという方もいらっしゃるでしょう。どれもその場で気になる臭いをカットする、という点においては優れています。しかしその原因を根本から解決するということはできていません。

口臭の原因として考えられるものはいくつか挙げることができます。まず歯周病、これは知らないうちに患っている方も多く日本人が歯を失う原因のトップとしてもあげられています。歯周病菌が歯周ポケットで繁殖することでその臭いの原因を作りますが、きちんと治療すれば臭いはしなくなります。それ以外にも口内の菌が原因ではなく胃腸が悪くて臭いが起こる場合もあります。そして意外なものとして注目されているのが「虫歯」が原因で口臭が起こる、ということです。

虫歯と聞くと、イメージとしては「歯が黒ずむ」「痛みやしみるといった症状がある」というものが主に挙げられるでしょう。しかし虫歯も基本的には菌が原因で起こるものであり、これを放置し続けると口臭のもととなる可能性は十分高いと考えられています。なぜ虫歯になると口臭が発生するのか、どのような仕組みで起こるのかをいくつかご紹介していきましょう。もし今虫歯に心当たりがあるという方は要注意です。

虫歯が原因となって起こる口臭のパターンとは

まずは虫歯で穴があいてしまったという場合、かなりの確率で口臭が発生します。虫歯になると歯を溶かしていくのですが、菌によって溶かされてしまった歯は通常の硬さも失い軟らかくなってしまいます。この過程により発酵した臭いは悪臭となり、口臭の原因を作ってしまうのです。続いてはさらに虫歯が進行してしまった、この場合も臭いを発することになります。虫歯が悪化すると歯を溶かすだけでなく神経をも腐らせてしまうことがあるのです。いわゆる神経が死ぬ、という状態になるのですがこの場合も腐ってしまった臭いが口臭となり発生することがあるのです。

いずれの場合も歯科へ通い治療することが大切です。虫歯に関しては今の所自然治癒するということはなく、必ず専門の治療を受ける必要があります。放置する時間が長くなればなるほど治療も長引きますし、費用もかかります。最悪の場合は歯を抜いたりしなくてはならない、という場合もあり得るため「虫歯だ」という自覚があるならば早急に治療を受けることをおすすめします。虫歯は悪くなることがあっても良くなるということは絶対にありません。もし口臭が気になるという場合は歯周病以外にも虫歯の可能性を疑いましょう。どちらの場合も検診を受ければチェックしてもらうことができます。

毎日のケアをしっかり続けることが大切

虫歯になりやすいなりにくい、というのはどうしても個人差があります。しかし基本は毎日のブラッシングをできるだけ丁寧に行うこと、正しいケアを続けていくことで歯の健康を守ることができます。歯周病に関しても同じで、できるだけ歯間や歯周ポケットを意識しながら歯を磨くことで予防することができます。

口臭というのは自分ではなかなか気づきにくいものですが、もし気になることがあれば気軽に歯科医を訪ねてみるといいでしょう。最近は歯医者さんも予防歯科などに力を入れている所も多く、歯の健康を守るために様々な提案をしてくれます。もしこの歯医者はちょっと、と思うなら病院をかえてみるのも構いません。まずは自分に合った歯医者をみつけること、毎日の正しいケアを意識して予防していきましょう。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.