1. HOME
  2. なた豆のことをもっと知る毒があるって本当?!歯磨き粉やお茶に使われるなた豆の種類

毒があるって本当?!歯磨き粉やお茶に使われるなた豆の種類

毒があるって本当?!歯磨き粉やお茶に使われるなた豆の種類

なた豆のことを調べると、中には毒があるので気を付けた方がいいなんていう内容の記事も出てきます。もし本当になた豆に毒が含まれているのであれば、そんなものを口にするのはたとえ歯磨き粉であっても憚られるものです。そこで、ここではなた豆の毒についてや、実際にお茶や歯磨き粉にはどんななた豆が使われているのかについて説明していきます。

なた豆の毒について

なた豆に毒があるのかないのか、これを結果から言ってしまえば、実はなた豆には毒があります。とは言っても、なた豆の毒というのは製品になる前の工場加工の段階で無効化されますので、普段目にする商品については無毒と思っておいて問題ないでしょう。そんななた豆の毒というのは、なた豆の種類によって強さが違うという面があり、これは後で詳しく説明しますが、一般的に白なた豆であれば毒は無いとされているのです。ちなみになた豆の毒素を摂取してしまうと、めまいや吐き気といった症状が発生します。

太刀なた豆

太刀なた豆は主に中国のほうで栽培されているなた豆で、最大の特徴として安価ということがあげられます。なた豆の種類の中でも特に毒性が強いとされており種類で、その毒性は赤なた豆よりもかなり多いのです。そのため、太刀なた豆が使われているお茶や歯磨き粉については十分に注意が必要で、きちんとした毒抜きの加工がなされているのかを調べておく必要があります。こういった事情から、出来れば太刀なた豆が使われている製品は避けておいた方がいいかもしれません。せっかくのなた豆も毒にあてられてしまっては意味がなくなってしまうので、あからさまに安価で怪しい製品は購入しないということも大切です。

赤なた豆

赤なた豆は昔から漢方としての効果が強いとされているなた豆で、ポリフェノールが多く含まれているという特徴もあります。ポリフェノールが多いためなた豆の中でも殺菌効果が高くなっており、血中のコレステロールを排除してくれるなど、体内で良い働きをしてくれるのです。

赤なた豆は白なた豆に比べると、コンカナバリンAやカナバリンが多く含まれています。しかし、これらの成分は口内環境を整えてくれたりする反面、毒素も含んでいるとされているため、多ければいいというわけでもありません。もちろん製品になる段階で毒素はきちんと専用の処理によって排除されているので安全ではありますが、こちらもあまりに粗悪な製品は避けておくのが無難でしょう。

白なた豆

白なた豆は毒素がないことで有名ななた豆で、食用に利用されることも多いものです。誰もが口にしたことのある福神漬けにも白なた豆が使われることが多く、とにかく安心して口に入れることのできるなた豆になります。赤なた豆や太刀なた豆は製品にする段階で毒抜きをしなければいけないわけですが、白なた豆はそういった工程を必要としません。そのため、白なた豆が使われているというのであれば、いちいち毒素があるんじゃないかと心配しながら購入する必要もなくなるのです。

白なた豆は毒素がない分効果が薄いと言う話もありますが、これは実際に検証されたわけではありません。もし、効果に差があったとして、実感できるほどの差だとは思えませんので、出来れば安全面で選んでおくことをオススメします。

歯磨き粉やお茶に使われる代表的ななた豆はこのような種類です。一概にどれがいいということは言えませんが、安全面を第一に考えて選ぶのであれば白なた豆を選ぶのが良いと思われます。そして、白なた豆ということだけではなく、産地がきちんと国内なのかということも確認しておくと、よりいっそう安全になた豆を口にすることができることでしょう。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.