1. HOME
  2. なた豆のことをもっと知るお茶や歯磨き、料理にも!こんなにあるなた豆が利用されているもの

お茶や歯磨き、料理にも!こんなにあるなた豆が利用されているもの

お茶が入ったポットとカップ

昔から日本で膿取り豆として愛され続けてきたなた豆は、本当に様々なものに利用されています。有名なものだけでも、お茶や歯磨き粉、さらには料理なんかにも。そんな恐るべき適応力を示すなた豆が実際に利用されているものを見ていきましょう。

なた豆茶

なた豆茶はその名の通り、なた豆を煎じてお茶にした飲み物。主にデトックス効果が期待されており、飲むだけで便秘解消や新陳代謝をアップさせてくれます。便秘解消については、本来なた豆に含まれている食物繊維だけでは水分が足りずに効果が発揮できないのですが、なた豆茶はその弱点を見事に克服しています。

というのも、お茶なので思いっきり水分が含まれており、なた豆茶を飲むだけで水分と共に食物繊維を取ることが出来、余計なものを取り入れずとも、すぐに便秘解消に向かえるのです。飲むだけで口の中がサッパリ綺麗になる効果もあり、毎朝飲み続けると口の中がネバネバする嫌な現象がなくなります。

他にも口の中を綺麗にすることで虫歯の予防になったり、口臭を消してくれたり、体の中の膿を自然に排出させたりと、あげていったらキリがないほどの効果を秘めているので、是非一度飲んでみましょう。味も原材料になっているのがなた豆なので、そんなに癖もなく、一般的な烏龍茶のような感覚で飲めると思います。値段も手ごろなものから用意されているので、自分に合いそうなものを選びましょう。

なた豆歯磨き

なた豆には口内を綺麗にし、虫歯を予防する効果があるのはお話したとおり。そのため、お茶よりも当然歯磨き粉にした方が効果があるということで作られたのが、なた豆の歯磨き粉です。なた豆の歯磨き粉は口内のネバつきを改善してくれるのはもちろん、歯を綺麗にし虫歯を防ぎ、歯茎を引き締めて歯周病も防いでくれます。口臭にも効果的で、実際に2か月程度使い続けることによって、口臭の原因となる歯垢や細菌が消え、人に嗅がれても恥ずかしくない息になるのです。

他にも口内のトラブルならお任せといった感じで、舌苔と呼ばれる舌の上の白い汚れも取り除いてくれます。なた豆成分で歯磨きをすると、悪影響のあるものを取り除いてくれるだけでは無く、アフターフォローまでバッチリしてくれるのです。なた豆歯磨きに含まれるコンカナバリンAが、綺麗になった後の口の中に免疫をつけてくれるので、解決したトラブルが再発する可能性が非常に低くなります。

歯磨きとお茶では使うタイミングが全く違うので、どちらも一緒に取り入れると、より効果を実感できるはずです。お茶はうがいにも使えるので、なた豆歯磨き粉で歯磨きをして、なた豆茶でうがいをする、こんな風に口内をケアする方法もあります。どちらも原材料がなた豆と分かっているので、口の中に入れても安心できるのも嬉しいところです。

なた豆料理

なた豆料理の中でも、みなさんが一度は口にしたことがあるのが、福神漬けです。福神漬けに豆なんて入ってないぞ、と思うかもしれません。確かになた豆と言うと豆を想像してしまいがちですが、福神漬けに入っているなた豆は、瓢箪型の野菜のようなもののことです。福神漬けがある人は是非見てほしいのですが、よく見ると中に少し尖った瓢箪のようなものが入っており、これが輪切りにしたなた豆となります。

ちなみに、自家製福神漬けは以外と簡単に作れるので、なた豆を手に入れる機会があったら是非作ってみてください。市販で売っているものと違って、自分で好きに味付けができるので、好みでいろいろ作ってみましょう。福神漬け以外にも、天ぷらやサラダなど、調べてみるといろいろな利用方法が出てくるので、自分なりのアレンジを加えつつ料理に使用してみてください。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.