1. HOME
  2. なた豆のことをもっと知るこんなに健康にいいお茶だった!なたまめ茶の効果効能まとめ

こんなに健康にいいお茶だった!なたまめ茶の効果効能まとめ

お茶をカップにいれる女性

なた豆が原材料として使われていることで、健康的でいろんな恩恵を受けられる、なた豆茶が今ネットを中心に注目を集めています。なた豆を長時間煎じることで作られる、なた豆茶は一体どんな嬉しい効果を持っているのか、一緒に見ていきましょう。

なた豆茶で歯周病対策

歯周病というのは、歯の根元を溶かし歯をグラグラにして使い物にならなくする恐ろしい病気です。そんな歯周病になた豆茶が効果的と言うことが分かっています。なた豆茶に含まれているカナバニンには炎症を防ぐ効果があり、歯茎を引き締めて腫れを引かせ、出血も抑えてくれます。

歯周病の始まりというのは、歯茎がぶよぶよに緩んでしまい、歯との間に歯周ポケットという汚れが溜まるゾーンが出来てしまうことなので、とても効果的と言えるでしょう。しかも、なた豆茶に含まれるもう一つの成分、コンカナバリンAが口内の免疫力も高めてくれるので、歯周病の原因となる細菌の悪影響を受けにくくなります。

実際元歯周病の患者がなた豆茶を飲んでいるだけで、歯周病が再発することがなくなる、という結果も報告されているんです。これは、口内の善玉菌と悪玉菌のバランスを保ってくれる効果もあるからだとされています。

なた豆茶で便秘解消

なた豆茶には大量の食物繊維が含まれており、これが便秘解消を促してくれます。食物繊維は腸の中に入ると膨張する特徴を持っており、これによって便秘中の腸に刺激を与えてくれるのです。便秘中の腸は機能停止とまではいかないものの、機能が弱まっているので、そこに刺激を与えて排泄を促します。

食物繊維はそれだけではなく、便を快調に出せるように腸の調子を整えたり、便自体に水分を含ませ排泄しやすいようにしてくれたりと、便秘解消効果が存分に期待できるでしょう。さらにカナバニンで血行が良くなるので、新陳代謝がアップし、腸がより健康的に排泄できる環境となります。なた豆茶を飲んでいるだけで毎朝のお通じが好調ということも珍しくありません。

なた豆茶でむくみ改善

なた豆茶のカナバニンが血行を良くしてくれることを書きましたが、それによって得られる恩恵は何も便秘解消だけではありません。血行がよくなるということは、それだけ体の余分なものが排出されやすくなるわけです。ということは、体に余計なものが蓄積されてしまった末路である「むくみ」、これも解消することが出来ちゃいます。なた豆茶を飲む以外は特に何もしなくても、勝手に体が排出をしてくれるので、自然とむくみは解消していくでしょう。飲んでいるだけで、こんなにうれしい効果があるなんて驚きです。

なた豆茶で蓄膿症改善

なた豆茶は口臭を改善してくれることで有名ですが、その元凶のひとつである蓄膿症にも効果があるとされています。そもそもなた豆は膿とり豆と呼ばれていたこともあり、これは本来の働きだと考えてもいいでしょう。なた豆茶を飲んでいるだけで、蓄膿症の原因である鼻の奥に溜まった膿が鼻から出てきます。

それにより、蓄膿症が改善していき、飲み続けることでいずれ膿が体から消えると思って間違いありません。蓄膿症の原因は虫歯にもあるとされていますが、なた豆茶はそんな虫歯にも効果的。なた豆茶でうがいをすることで、口の中の細菌や垢を取り除き、虫歯の原因を取り除いてくれます。

実際になた豆茶でうがいをしている歯医者もいるらしく、効果はお墨付きと思っておいていいでしょう。うがいをなた豆茶でする場合、いっそのこと歯磨きにもなた豆を取り入れると、いっそうの効果が期待できます。ネットでは、なた豆で作られた歯磨き粉が販売されているので、それも併用して、蓄膿症を改善し、口内を常に清潔に保つといいかもしれません。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.