1. HOME
  2. なた豆のことをもっと知るなた豆の食べ方ってどうすればいいの? 美味しいレシピとポイント

なた豆の食べ方ってどうすればいいの? 美味しいレシピとポイント

エプロンを着用して料理する女性

お茶や歯磨き粉に使われていて、一般的に食べるイメージが薄いなた豆ですが、調理方法によってはとっても美味しく食べることができます。

なた豆の調理ポイント

なた豆は茹でると美味しくなるのですが、茹ですぎるとせっかくのコリコリ感がなくなってしまうので、茹で加減に注意が必要です。大きさにもよりますが、下茹では2分か3分程度にしておきましょう。下茹でに使う塩は、水1Lに対して塩大さじ1杯くらいの目安で入れるようにしてください。なた豆は大きくなると硬くなるので、大きさにも注意しておきましょう。

なた豆は天ぷらに

なた豆の味をそのまま味わいたいなら、簡単に出来る天ぷらにするのがいいでしょう。作り方は簡単で、なた豆を食べやすいように一口サイズに切り分け、普通の天ぷらと同じように粉と水をつけていきます。そうしたら、後は揚げるだけで完成。味付けは天つゆもいいのですが、さくっとした触感になた豆のコリコリ感を同時に味わうために、塩をつけていただくのがオススメです。

なた豆は漬物も美味しい

なた豆の漬物と言うと、福神漬けがポピュラーですが、今回はあえて味噌漬けの紹介です。作り方は適度な大きさに輪切りしたなた豆を味噌に漬けるだけ。これだけのシンプルな料理なのに、なた豆のコリコリした触感と味噌味の相性がたまらなくマッチし、ご飯何杯でもいけてしまう美味しさになります。他の野菜も一緒に漬けておくと、さらに味を楽しむことができるので是非やってみてください。

なた豆のアレンジを楽しみながら健康に活かす

お茶や歯磨き粉などで一般的ななた豆ですが、このように調理のポイントを押さえて色々アレンジすることで健康成分だけでなく、その食感や美味しさを堪能することができるでしょう。基本的にはどんな料理にも活かすことが出来ますので、ご紹介した以外にも色んなレシピを試してみることをおすすめします。メイン料理としてだけでなく副菜としても優秀なので、もしなた豆をみかけたら是非お料理をチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

なた豆の持つ効果は食べることでも十分得ることができます。毎日大量に食べる必要はありませんので、美味しく味わえる範囲で楽しむことをおすすめします。それに加えて歯磨き粉などを併用すると、よりなた豆の効果を実感しやすくなるので外から内側からなた豆の効果を取り入れていくのもいいでしょう。

自然由来の植物には想像以上のパワーが秘められています。それを生かせるかどうかはご自身の使い方や食べ方など、工夫によって左右されるのです。また、ある程度の期間続けてみることではじめて効果を得られたかどうか判断できるようになるため、まずは続けてみることからはじめてみてはいかがでしょうか。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.