1. HOME
  2. なた豆のことをもっと知るフッ素に毒性があるって本当?なた豆歯磨きなら心配なし

フッ素に毒性があるって本当?なた豆歯磨きなら心配なし

歯磨き粉を乗せたハブラシ

フライパンやガムなどでよく目にするフッ素は既に人間社会に溶け込んでいる、なくてはならない化学物質のひとつです。歯磨き粉にも使われていることでも有名で、市販の歯磨き粉で使われていないものを探すのは困難でしょう。しかし、このフッ素には毒性があるのではないかということから、使用された製品の利用をやめる人も増えています。

フッ素って何?

名前だけは聞いたことがあるものの、フッ素の正体が分からなければ何がいけないのかも理解できません。フッ素というのは水道水や海など、とにかく水に関するものによく含まれている成分で、いろいろなものに混ぜて使われるのが一般的です。歯の再石灰化の助けをしてくれることで歯磨き粉によく使われており、現在では90%の歯磨き粉がフッ素入りとされています。

フライパンの表面を焦げ付かせないように利用されることでも有名で、テフロン加工といえば分かってもらえるのではないでしょうか。さらに、エアコンの冷媒に使われるフロンもフッ素を混ぜて作られたものです。このように、我々の生活の中にはフッ素を使った商品が溢れかえっています。

フッ素の毒性について

歯磨き粉を中心に人間社会と切っても切り離せないフッ素に毒性があるという事実が最近になって注目されています。アメリカでは史上最悪の汚染物質とまで呼ばれており、実際に解析してみた結果、フッ素には神経細胞に悪影響を与え知能障害を初めとする様々な障害を引き起こす可能性があると発表されたのです。

少し怖い話では、ナチスが強制収容したユダヤ人にもフッ素を飲ませており、自我を失わさせコントロールしやすく脳を内側から改悪していたという話もあります。

これにより、脱獄するユダヤ人が実際に減ったという結果からも、いかにフッ素が脳に悪影響を与えるかが見て取れるでしょう。このことから日本でもフッ素を水道水に混ぜるという計画があったようですが、実現には至らなかったようです。しかし、フッ素を水道水に混ぜている国もあるので、今後も油断はできません。

虫歯予防のフッ素?

歯医者に行くと虫歯予防としてフッ素を歯に塗られることがあり、これは昔から常識になっています。そのため、古くから存在する歯医者ほどフッ素の塗布を進めてくるのですが、フッ素の毒性を考えるとあまりオススメすることはできません。

特に子供はフッ素の毒の影響を受けやすく、周りの子供と比べて学習が遅れてしまう可能性があります。最近はフッ素以外にも虫歯予防の方法がありますので、フッ素の塗布を勧められた際には、出来るだけ断るようにするとよいかもしれません。

なた豆歯磨き粉でフッ素0の生活を

こんなにも危険なフッ素が日本に存在する歯磨き粉の90%に含まれています。いくら直接飲むことは無いからと言っても、口の中に入れては唾液と一緒に飲みこんでしまうのを防ぐことはできません。そんなフッ素が入っていない歯磨き粉を探すのは骨が折れると思うので、フッ素なしで安心して使うことの出来る歯磨き粉を紹介しましょう。

それは、なた豆の歯磨き粉です。なた豆には歯に良いとされる成分がたくさん含まれているので、フッ素が入っていなくても十分に効果を発揮することが出来るのです。さらに、原材料もなた豆と分かりやすいものなので、有害かどうかを心配する必要もありません。汚れも確実に落としてくれたりと、良いこと尽くしです。

歯槽膿漏や口臭にも効果的ですので、気になっていた人はこれを機に試してみるのもありでしょう。少しだけ市販のものより高く感じるかもしれませんが、毒性のあるフッ素を体内に取り込んでしまう可能性があることを考えれば安いもの。フッ素は少量ならば毒性が少ないことも事実ですが、歯磨き粉などできるところから少しずつフッ素の摂取を控えるようにしてみてはいかがでしょうか。

なた豆歯磨きのいいところは?

最近はドラッグストアなど多くのところでみかけることも多くなった、なた豆歯磨き粉。そこでまだほとんどなた豆歯磨き粉のことを知らない、という方にその魅力についてご紹介していきましょう。なた豆歯磨き粉の主な成分は「なた豆」という植物でできています。

このなた豆は非常に古くから歴史のある植物なのですが、排膿効果や炎症を抑えてくれる効果など、様々な働きをしてくれることから重宝されてきました。九州地方など一部の地域を除いては、簡単に手に入るものではありませんので一般家庭においてみかける機会はそう多くはないでしょう。しかしもともとそういった活用方法があることから、身近に感じている地域もあるようです。

歯磨き粉としても非常に優秀

このなた豆歯磨きのいいところは何といっても先ほどご紹介した働きを持っているという点です。虫歯や、ちょっとしたことで歯茎は炎症を起こしてしまいますが、そういった症状にもなた豆は速やかに効果を発揮してくれます。

また口臭予防の点においても非常に優秀な働きをしてくれるため、お口のにおいが気になる方のケアとしてもおすすめです。歯磨きの方法も特別なやり方で行う必要はなく、普通の歯磨き粉と同じように使用するだけ。たったそれだけでいつもよりも重点的なケアを行うことが出来るのです。

普通の歯磨き粉よりすこしお値段が高い

成分としては基本的に優秀であるため、市販の歯磨き粉に比べて劣る点というのはありません。ですがあえてデメリットをあげるとするならば、普通の歯磨き粉よりも少しお値段が高めに設定されていることがほとんどです。

通信販売などを利用することでお手頃な価格で手に入れることができますが、なた豆が持つ効果を思えば決して高い買い物にはならないはずです。お口のことが少しでも気になるという方、フッ素などには頼りたくないという方にこそおすすめなので、是非なた豆磨き粉を検討してみてはいかがでしょうか。

なた豆歯磨きの特長はその独特の風味、塩っぱさがよく取り上げられます。普段あまり味わったことがないもののため、慣れるまでは少し時間がかかるという方もいるかもしれません。しかし磨き終えたあとのサッパリ感は他のものでは手に入れられないものでもあるため、使ってみる価値は十分にあると言えるでしょう。フッ素の安全性が疑問視されている今は、安全性の高いなた豆を優先してみるのもひとつの考えです。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.