1. HOME
  2. なた豆のことをもっと知る舌苔予防と除去がなた豆歯磨きでできる!舌磨きの方法について

舌苔予防と除去がなた豆歯磨きでできる!舌磨きの方法について

舌を出している外国人女性

テレビに出ている芸能人やハリウッドスターの舌を見てみるとピンクでとても綺麗なのが分かります。しかし、一般人の舌はそのようにはいかず、白く汚れが溜まってしまって悩んでる人も多いのではないでしょうか。これは舌苔というもので、実はなた豆の歯磨き粉を上手に使うことで除去することができちゃうんです。

舌苔が出来てしまう理由

舌苔というのは、簡単に言ってしまえば舌の上にびっしりと溜まってしまった食べかすの塊です。人間が食べたものというのは、全てが胃の中に入るわけでは無く、確実に口の中に残ってしまいます。

その残りかすを舌の表面にある角質がキャッチしてしまい、次第にとれなくなった汚れは腐敗していき、口の中の匂いや見た目を悪くしてしまうのです。舌苔というのは病気ではありませんが、放置しておけば進行していき、舌は白くなり口臭が酷くなる一方ですので、早めに対策をして舌を綺麗なピンク色に戻してあげましょう。

舌苔を歯磨きで除去

舌苔を除去するには、歯磨きの時に歯の汚れと一緒に排除してしまうのが一番です。というのも、歯磨きのように舌を磨くのを習慣化させるのは難しく、忘れてしまうことも多いでしょう。ですが歯磨きと同時におこなうと決めておけば、忘れることもなく毎日おこなうことができます。

まずは自分の舌苔が舌のどの部分に多くついているか確かめるために、鏡の前で思いっきり舌を出してみましょう。自分の舌が白くなっているのを見るのは不快かもしれませんが、何事も原因をよく知っておかなければ治療をすることは出来ないのです。汚れている部分が分かったら、舌苔がついている部分を歯ブラシで擦って取っていきます。

擦るといってもあまり強く擦っては逆に舌を傷つけて口臭を強くしてしまう可能性があるので、ゆっくり丁寧に優しく舌を擦っていきましょう。もし、オエッとなってしまう感覚があり耐えられない人は、ちょっとの間でいいので息を止めてみてください。そうすることで、苦しい感覚が緩和されるはずです。

おそらく歯ブラシで擦っても、すぐに汚れが落ちるということはありません。何故なら舌苔は舌の角質に汚れが溜まっている状態なので、かなり舌と汚れが強く繋がっているからです。そこで、歯磨きごとに舌磨きも行い、少しずつ白いものがなくなるように根気強く磨いていきましょう。

なた豆歯磨きを使う

このした磨きの方法と同時に取り入れてほしいのが、なた豆を使った舌の洗浄方法です。舌磨きの時になた豆の歯磨き粉を取り入れるだけで、口臭への対策は2倍にも3倍にもなると言われています。方法は先ほどの舌苔除去と同じで大丈夫です。なた豆歯磨き粉は無農薬で作られたものも多く、市販の歯磨き粉のように舌を傷つける心配がないのも嬉しいところ。

しかも、なた豆に含まれる酵素が舌苔に溜まった汚れを殺菌してくれる唾液を正常に戻してくれます。他にも、口の中の善玉菌を増やして汚れが溜まりにくくしてくれるので、改善と共に予防まで出来てしまうんです。

これと同時に、なた豆の歯磨き粉を舌の上に乗せて、数分間放置するという方法もおこなうと、より舌苔除去の効果が高まります。歯磨き粉を舌に乗せておくのは辛いかもしれませんが、数分でいいので試してみてください。これにより舌全体になた豆の成分が行き渡り、舌苔が付着しにくい舌を作り上げてくれるでしょう。

舌用の歯ブラシを使う

最近は舌苔の問題が深刻化しているせいか、舌用の歯ブラシというものも販売されています。小さいテニスラケットのような形をしているのですが、面積が広く普通の歯ブラシよりも効率よく舌を磨くことができるのです。可能であれば舌磨きの時に取り入れると、より効率的に舌苔を退治することができるかもしれません。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.