1. HOME
  2. なた豆のことをもっと知る歯ブラシにもフロスにも!口臭対策に効果ななた豆歯磨きの使い方

歯ブラシにもフロスにも!口臭対策に効果ななた豆歯磨きの使い方

2本の白い歯ブラシがコップに立っている

毎日の歯磨き、きちんと出来ていますか?歯周病は予防するのが肝心です

食事の後は歯磨きをする、これはごく当たり前の誰でも行う習慣の一つです。しかし毎日きちんと歯磨きできる人ばかりではなく、寝坊をしてしまって朝の歯磨きがきちんとできない、寝る前に歯を磨こうと思っていたらそのまま寝てしまった、など「ついサボってしまう」ことも珍しくありません。

本来は食後にその都度歯磨きすることが理想ですが、昼間はお仕事をされている方も多くなかなかゆっくり歯を磨けないという方も多いでしょう。せめて朝と晩の2回だけでも、きちんと歯磨きすることが理想です。それもなかなか実行できない!というのであれば、最低限就寝前にしっかりと時間をかけて歯磨きするようにしましょう。なぜなら、口内の細菌は夜寝ている間に活発になるから。それを防ぐためにも丁寧な歯磨きを心がけることが非常に重要となります。

しっかり歯磨きを行うことは虫歯を予防するだけではありません。歯を失う原因の筆頭として挙げられる「歯周病」を防ぐためにも、正しく丁寧な歯磨きはとても大切です。また、普段口臭に悩まされているという方にとっても重要です。多くの人が悩んでいる口臭は毎日の丁寧な歯磨き、そして歯周病の治療を行うことでなくなるのがほとんどなのです。

お口の健康を守りながら口臭も解消させていくこと。これは全ての方が意識して取り組むべき課題です。歯を失う原因にもなる歯周病、そして気になる口臭を予防するために是非使っていただきたいのが「なた豆歯磨き粉」最近ドラッグストアなどでもみかけるようになりましたが、なぜこのなた豆歯磨きが効果的なのか。その秘密について探ってみましょう。

ただ「なた豆歯磨き粉」を使うだけでなく、フロスも活用して

普段の歯磨きはどのように行っているでしょうか?ほとんどの方は歯ブラシを使って磨き、最後に口をゆすいで終わりです。しかし、実はこれだけではお口の中の汚れを取りきることは難しいのです。最近の歯ブラシは歯茎や歯間にフィットするよう改良されているので、昔に比べるとかなり磨きやすくなりましたし、汚れも取りやすくなりましたが、どうしても歯ブラシが届かない部分が存在します。

なた豆歯磨き粉を使用して磨くことで、歯周病を予防させることはもちろん可能です。しかし、ただ歯ブラシだけに使用するのではなく、すこし工夫してみることでより歯周病の予防効果を高めることができます。それは「フロス」を使用することです。フロスとは歯間を掃除することが出来る糸のことで、柄のついたタイプのものや糸のみのものなど、様々なタイプのものがあります。これを上手に使うことで、歯間の汚れや細菌をしっかり取り除くことが出来ます。

フロスは優しくゆっくりと歯間に入れるのが使用する時のコツで、決して無理に力強くやらないことが大切です。あまり乱暴にやりすぎると歯肉に傷がつくので注意しましょう。普通に歯垢や汚れを取るだけですが、この際少しなた豆歯磨き粉をフロスにつけてあげることで歯周ポケットに成分を浸透させることが出来ます。あくまでもお掃除することが目的なので、汚れを一緒にポケットに入れてしまわないよう注意しましょう。

なた豆を使えば長年の口臭ともサヨナラできる!

なた豆の持つ排膿効果は、歯周病の改善や予防に非常に高い効果を発揮してくれます。普段の歯磨きになた豆歯磨きを加えることで、お口の中の健康を守ることが出来るので、是非毎日の歯磨きになた豆を加えてみてください。長年悩んでいた口臭もなた豆によってサヨナラすることができた、という声も多数存在します。お口の健康はからだの健康でもありますので、まずは試してみてはいかがでしょうか。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.