1. HOME
  2. なた豆のことをもっと知る歯磨き粉の発泡剤には要注意!発泡剤不使用のなた豆歯磨きなら安心

歯磨き粉の発泡剤には要注意!発泡剤不使用のなた豆歯磨きなら安心

歯磨き粉が塗られたピンク色のハブラシ

歯磨きは泡立ってるだけで磨いた気分になっていませんか?

最近はオーラルケアを重点的に行っている方は少なくありません。ホワイトニングケアなど、審美的な分野で歯をきれいにしている方も多く、歯医者へ通うのは虫歯になったから治療するというだけではなくなっています。歯のことについて個人個人が真剣に取り組むことは非常に良い傾向で、歯の健康を守ることはからだ全体の健康を守ることにも繋がります。

こういった背景もあってか、近頃は歯ブラシやフロス、歯磨き粉なども様々なメーカーのものが販売されています。以前は歯科でしかほとんど手に入れることが出来なかったアイテムも、比較的簡単に手に入れられるようになりました。一人一人の意識が高まることでオーラルケアグッズもますます充実していきますが、ただ道具を揃えてそれで満足、ではあまり意味がありません。

自分の口内状況に合わせた歯ブラシや歯磨き粉を選ぶことも大切ですが、さらにこだわりたいのがその歯磨き粉の成分です。歯磨き粉を選ぶ基準として、まず香りや味、知覚過敏用やホワイトニング効果の高いものなどがあげられます。もちろんこれらに応じて購入することは正しいのですが、ひとつ注意したいのが「発泡剤」です。この発泡剤は文字からも分かる通り、歯磨き粉を使用した時に泡立たせる成分のことで、市販の多くの歯磨き粉に使用されています。

以前はこの歯磨き粉がしっかり泡立つことで効果が高いように思われていたこともありますが、実はこの発泡剤は非常に厄介な存在です。なぜ発泡剤はあまりおすすめできないのか、それらについて少しお話ししていきましょう。普段泡立ったことで磨いた気分になっている方は要注意です。

発泡剤は歯磨きの罠?発泡剤不使用のなた豆歯磨きはオススメ!

市販の歯磨き粉に使用されている発泡剤は、様々な成分のものがあります。最も有名なものとしてはラウリル硫酸ナトリウム。多量摂取は危険とされていますが、基本的に市販の歯磨き粉に使われている程度なら特に問題ありません。他にもありますが、もちろんこういった化学物質が気になるという方は仕様を控えなければならない、とお思いでしょう。しかし発泡剤はただ成分だけが問題なのではありません。

先ほども少し触れたように、口の中が泡立った状態になるとどうでしょうか。石けんで手を洗う時と同じようにしっかり泡立っているため、汚れが落ちていくような気分になりませんか?残念ながら石けんとは違いますので、歯磨き粉が泡立っただけでは歯の汚れを落としきることは出来ません。これこそが歯磨きの罠で、どうしても発泡剤が入っていると「磨けた気分」になりやすいのです。

最近歯磨き粉としても話題の「なた豆」が配合されたもの。こちらには発泡剤は一切含まれていませんので、必要以上に口の中で泡立つことはありません。なた豆の成分をしっかり口の中に行き渡らせながら、丁寧に磨き上げることでケアすることができます。つまり、きちんとオーラルケアを完了させたいのであれば「なた豆」の歯磨き粉を使うのがおすすめというわけです。

次回の購入の際は是非発泡剤不使用の「なた豆歯磨き粉」

今使用している歯磨き粉を捨てなくても構いませんので、次回購入する際は是非なた豆歯磨き粉も選択肢に入れてみてください。泡立つことに慣れていた方にとっては少々物足りなく感じられるかもしれませんが、磨き上がった後の爽快感は以前とは比べ物にならないほどスッキリしています。

是非そのスッキリ感をご自身で体感してみてください。お口の中の健康を守るためには歯磨き粉にもこだわってみること。とりあえず磨ければ何でもいいではなく、健康を第一に考えてみてはいかがでしょうか。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.