1. HOME
  2. 歯石・ヤニ予防と対策歯石が付着しやすい人の特徴と生活習慣!予防は「なた豆歯磨き」で

歯石が付着しやすい人の特徴と生活習慣!予防は「なた豆歯磨き」で

歯石が付着しやすい人の特徴と生活習慣!予防は「なた豆歯磨き」で

歯石が付着しやすい人の特徴とは?

虫歯はあまりできないのに歯石が溜まりやすいという人がいますが、それはなぜでしょうか?一般的に、歯石が付着しやすい人の体質的な特徴として次のような点が指摘されています。

  • 唾液の量が多い
  • 唾液のpHが高い(アルカリ性に傾きやすい)
  • 唾液がさらさらしている

唾液がなぜこのように密接に関係しているかというと、歯石は磨き残しなどの歯垢(プラーク)が唾液に含まれるミネラル成分と結合して固まることによって形成されるからです。歯石の約8割は、リン酸カルシウムやリン酸マグネシウム、炭酸カルシウムといった無機質成分で、残りの2割は菌体である有機質と水からできており、ミネラル成分が含まれる唾液の分泌量が多いと必然的に石灰化しやすくなるのです。また、酸性よりもアルカリ性、粘着性があるよりもさらさらと粘度が低い唾液の方が、歯垢が石灰化して歯石になりやすいと言われています。

アルカリ性に傾いた唾液は、口内細菌が発する酸を中和したり酸の影響で溶かされた歯を修復したりする作用があるため、虫歯にはなりにくいという側面があります。そのため、虫歯になりにくい人の中には歯石が付着しやすい体質の人がいるのです。

歯石が付きやすい部位は要注意

体質だけでなく、歯の場所によっても歯石が付きやすいところがあります。それは、唾液腺の近くに位置する歯で、「下の前歯の裏側」と「上の奥歯の外側」にあたります。唾液が分泌される出口のそばなので歯垢が残っていると唾液に触れやすく、他の部位より石灰化が促進されるのです。歯磨きをしていると分かると思いますが、下の前歯の裏側と上の奥歯の外側は、意識的にちゃんと歯ブラシを届かせようとしないと磨きづらい部位でもあります。歯ブラシが届いていないと磨き残しによって歯垢が日々蓄積され、石灰化をいっそう助長させてしまいます。歯石の元である「唾液」と「歯垢」が混ざったまま放置されることがないよう、1本ずつ意識しながらブラッシングをすることが必要です。

歯石は歯垢が付いてからたった2日で石灰化し始め、2週間もあれば固着した状態になります。石灰化して固着してしまうと、通常の歯磨きでは取り除くことはできないので、いかにきちんと歯垢を付きにくくするかがとても大切なのです。

やわらかいものばかり食べていませんか?

歯石を予防するには、生活習慣を見直して原因となる歯垢を付きにくくすることもできます。例えば、食生活では甘いものや柔らかいものばかり食べないようにしましょう。口内細菌は糖分が大好物ですし、やわらかいものは粘着質があって歯にべっとり付いて落としにくくなります。歯ごたえのある食べ物や繊維質の多い食べ物なら歯垢はつきにくいですし、よく咀嚼をするため歯垢が落とされるのです。また、だらだらと食べ続けたり間食が多かったりすると、それだけ歯垢が付着する機会が増えるため、規則正しい食生活と食後の歯磨きをセットで行いましょう。

歯垢や歯石が付きにくい口内環境へ

もちろん、歯垢や歯石を予防するのに最も大切なのは毎日の歯磨きです。きちんと歯磨きをしなければ虫歯や歯周病を引き起こしてしまいます。最近では歯磨き粉の種類も増え、歯や歯茎の症状や状態に合わせて選択肢もさまざまです。中でも特におすすめしたいのが、「なた豆歯磨き」です。

年齢を重ねると虫歯だけでなく歯周病ケアを意識したアイテム選びをする必要がありますが、なた豆は炎症を抑える作用や膿を排出させる作用など、歯周病予防に効果的な成分が含まれる植物として研究が進められています。実際になた豆歯磨きを使って、歯茎が引き締まり出血が止まった人や口臭が改善したという人も多くいます。歯周ポケットが引き締まると、すき間がなくなって細菌が繁殖しにくくなるため、歯垢や歯石を予防すると同時に、歯茎ケアもできる歯磨き粉を使うとより効果的です。

正しいブラッシングの方法を覚える

毎日歯石がつきにくい習慣をつくっていくためには、日頃のケアが肝心になります。あらゆるケアグッズを買いそろえることももちろんいいことではありますが、それを正しく使えていなければ何の意味もありません。それならばいくつもアイテムを購入するよりも、自分が今持っている歯ブラシを正しく使用する方法を覚えることをまずは目標にしてみてはいかがでしょう。そう、多くの人が知らない「正しいブラッシング方法」を頭で理解し、手で覚えるのです。

正しいブラッシングの基本を覚える

まず多くの方が出来ていないこととして「歯を一本ずつ磨く」という意識を常に持つことを覚えておいてください。一本ずつなんて難しい、と感じるかもしれませんがつまりはコツとして「ブラシを小刻みに動かすこと」が前提にあげられます。ブラシの毛先をしっかり歯の表面にあてるのがポジション。この際毛先がしなってしまうほど強くあてる必要はありません。軽い力で歯ブラシのヘッドを動かす幅は5〜10mm程度とわずかな動きだけでいいのです。これを20回、それぞれ一本ずつ上下の歯、裏表を繰り返していきます。

フロスなどを必ず使うこと

これだけ丁寧に磨いたとしても、実は歯の隙間まで磨ききることはできません。歯間は必ずフロスを使って丁寧に歯垢を取り除きましょう。使ってみると分かるのですが、思った以上に歯の隙間には汚れが溜まっています。ここから歯周病菌が繁殖したり虫歯の原因をつくることにも繋がりますので、朝晩行うことが難しければ最低でも夜寝る前の歯磨きには行うようにしましょう。歯間ブラシなど、自分が使いやすいものを選べば歯茎を傷つける心配もありません。慣れないうちは使いやすいものを選び、使い慣れたら自分の歯間に合わせたアイテムを選ぶようにするといいでしょう。

なた豆歯磨き粉は口臭予防や歯周病予防、あらゆるお口のトラブルに役立ってくれる優れたアイテムです。なた豆の有効成分を活かすためには、きちんと正しいブラッシングを行い清潔な口内環境を作ることが大切になります。

正しいケアを毎日続けていくことで歯石のつきにくい口内になりますので、始めはなかなか難しいかもしれませんが是非意識して歯磨きを行っていきましょう。自分でできるケアを毎日続けた上で半年に一度は歯医者さんでチェックしてもらうとより完璧です。健康な歯を維持するためにできることを続けてみてはいかがでしょうか。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.