1. HOME
  2. 歯石・ヤニ予防と対策歯石を放置すると虫歯や歯周病の原因になるって本当?

歯石を放置すると虫歯や歯周病の原因になるって本当?

歯石を放置すると虫歯や歯周病の原因になるって本当?

歯垢は2~3日で石灰化することも

食べカスなど磨き残しで細菌が繁殖すると、代謝物と混ざって薄黄色の歯垢(プラーク)になります。この時はまだやわらかい状態のため、ていねいにブラッシングを続ければセルフケアでも除去できます。しかし、歯磨きで取り切れないまま時間が経つと、徐々に固着し石灰化した歯石に変化してしまいます。色は灰白色で文字通り石のように硬く、通常のブラッシングでは除去できません。早いと歯垢は2~3日で石灰化してしまうため、磨き残しのない歯磨きを続けることが重要です。

歯石は磨きにくい部位に発生する

歯石が付着しやすい部位は、下の前歯の裏側や上の奥歯の外側などです。唾液腺の近くにできやすい性質があり、場所的にていねいに歯磨きしづらい部位でもあります。また、歯石を放置すると虫歯や歯周病が悪化しやすくなります。なぜならば、歯石は一言でいうと“細菌の巣窟”のようなものであり、原因菌として歯と歯の間や歯と歯茎の境い目、奥歯のかみ合わせなどに棲み付くからです。

年齢に合わせたオーラルケアアイテムを選ぶ

毎日しっかり時間をかけて歯磨きしても、どうしても歯ブラシが届きにくい部分はあるので多少は歯石ができてしまうものです。自分で口の中を隅々まで見るのは難しいので、歯が痛くなくても定期的に歯科医でチェックしてもらいましょう。
それと同時に、オーラルケアのアイテムを見直すこともおすすめです。昔からずっと同じ歯磨き粉を使っている人は、年齢に合わせて歯周病ケアを意識したアイテムに買い替えるのも有効な手段です。例えば、歯ブラシは奥まで届くヘッドが小さめのタイプにしたり、歯磨き粉は口腔内の細菌バランスを正常化する“なた豆”が配合されたものなどを選び、虫歯や歯周病を同時に防ぎましょう。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.