1. HOME
  2. 歯石・ヤニ予防と対策歯石を歯医者で取ったら「なた豆歯磨き」でしっかり予防しよう

歯石を歯医者で取ったら「なた豆歯磨き」でしっかり予防しよう

歯石を歯医者で取ったら「なた豆歯磨き」でしっかり予防しよう

歯ブラシでは取り除けない「歯石」

CMなどで“プラークコントロール”という言葉を聞いたことはありませんか?プラークというのは歯垢のことで、歯に付着した食べ物のカスなどです。ただし、プラークは単なる汚れではなく、口内細菌が食べカスや口の中の代謝物などを栄養分にして繁殖した状態のもので、いわば“細菌のかたまり”です。このプラークが溜まると、歯と歯茎の間にできるわずかなすき間に入り込んでさらに繁殖し、歯周ポケットを深く浸食していきます。
プラークはうす黄色くて柔らかい状態のため歯磨きによるブラッシングで取り除くことができますが、放置しているとプラークは固まって歯ブラシでは除去できない状態になります。これが「歯石」と言われるものです。

歯石ができると虫歯や歯周病リスクが高まる

歯石は早いとプラークができてからたった2日で固まり始めると言われ、一度できてしまうと歯医者さんに行かなければ取るのは困難です。プラークが固まってしまうのは、唾液の中に含まれるミネラル成分とプラークが結びついて石灰化するからです。唾液は常に口の中に分泌されるものですから、プラークをそのままにしていると時間の経過と共に自然にできてしまうのです。

歯石は普通の歯磨きでは除去できないので、つい放置してしまいがちですが、それは虫歯や歯周病のリスクを高めるだけです。というのも、歯石の表面はザラザラした凹凸があり、プラークがさらに付着しやすい格好の住みかになりやすいのです。そうすると細菌が繁殖するスピードもアップするので、今までどおりのオーラルケアでは到底追いつかなくなります。

歯石が特にできやすいのは、「下の前歯の裏側」や「上の奥歯の外側」です。なぜかというと、この2ヶ所は唾液腺という唾液を分泌させる器官に近いからです。先ほど説明したように、歯石はプラークが唾液のミネラル成分と結びついてできるものなので、唾液腺の近くにプラークが溜まると石灰化しやすい傾向があります。

歯石のプロフェッショナルケアとは?

歯医者さんではスケーラーという専用の器具を使って歯石を除去します。スケーラーには2種類あり、超音波で振動させながら歯石を取り除いていく「超音波スケーラー」というものと、手で器具を持ってかき出す「ハンドスケーラー」があります。部位や状態によって使い分けられ、医院によっては歯科衛生士が行う場合もあります。
通常の歯石除去はこの2つで対処できますが、歯周病が進行してスケーラーでも届かない歯周ポケットの奥の奥や、歯の根っこに歯石が固着しているケースでは、「フラップ手術」という外科手術が必要になります。フラップ手術では、歯の根っこを露出させるために歯茎を切開したうえで歯垢を取り除いていきます。

歯並びが悪かったり歯磨きのやり方が不十分だと、またプラークは溜まって歯石になるというサイクルが続きます。そのため、歯医者さんによる歯石のプロフェッショナルケアは、3~4ヶ月おきに定期的に続けることをおすすめします。

歯医者さんも推奨する“なた豆”とは?

歯石ができないようにするにはプラークコントロール、つまり口内細菌のバランスを整えることがとても大切です。歯垢の元となる口内の悪玉菌を減らすには、“なた豆”というマメ科の植物を使った歯磨き粉がおすすめです。
なた豆は江戸時代から“膿取り豆”と呼ばれ民間療法で使われてきましたが、近年の研究では特有成分である「カナバニン」や「コンカナバリンA」という成分に抗炎症作用や免疫力を高める作用があることが判ってきました。プラークコントロールをしながら歯茎を引き締めて血行を促進させるというのは、虫歯予防だけでなく歯周病予防にも効果的です。

歯医者さんの中にはうがいの時になた豆を使ったお茶を使っているところもあるほどなので、予防対策としてなた豆歯磨きを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.