1. HOME
  2. 歯石・ヤニ予防と対策歯石が付きやすい場所はココ!歯磨きで予防するコツとは

歯石が付きやすい場所はココ!歯磨きで予防するコツとは

歯ブラシが2本並ぶ画像

歯垢は歯周病の原因のひとつ。放っておけば、そのまま歯を侵食して、根元を腐らせて歯も歯茎もボロボロにしてしまいます。

歯垢が付きやすい場所

歯垢は当然のことながら、歯ブラシが届きにくい場所に溜まりやすいです。例えば歯と歯の間の部分や、歯と歯茎の間、さらに奥歯のかみ合わせ部分などとなります。そのほかにも、歯並びが悪い人だと歯と歯が重なっている部分にも歯垢がたまりやすく、ここも歯ブラシでの除去が大変でしょう。

歯垢はドロッとした汚れなので、かなり頑固に歯にくっついており、うがいやちょっとした歯磨きではこそぎ落とすことが出来ず、普段は口の中に残ってしまいがちです。最近では、残った歯垢を見つけるために、歯垢染め出し剤なんてものも販売されているので、自分はちゃんと磨けているか心配な人は、一度試してみるといいでしょう。

歯磨きで歯垢を予防

歯垢を除去し、予防するには歯磨きが重要です。しかし、ただ単に歯磨きをしただけでは、おそらく歯垢は口の中に残ってしまうでしょう。そこで、歯磨きをする時は歯磨き粉を使ってください。

これは体を洗う時の石鹸のようなもので、水だけでは落ちない汚れも根こそぎ落としてくれます。歯磨き粉にもいろいろ種類があって迷ってしまった時には、口内のケアを万全にしてくれる、なた豆の歯磨き粉がいいでしょう。ちなみに、塩も一緒に入っているものを使うと、歯垢を除去し、歯茎を引き締めて歯垢がつきにくくしてくれます。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.