1. HOME
  2. 歯石・ヤニ予防と対策歯石除去に保険は適用できるの?セルフケアで予防しよう

歯石除去に保険は適用できるの?セルフケアで予防しよう

カラフルな3本のハブラシ

歯の汚れが溜まってしまい、それが固まることで発生する歯石。これは見た目的に良くありませんし、放置すれば歯に悪影響が出てくることでしょう。そんな嫌な歯石を歯医者で取り除く場合、保険は適用されるのか、そしれは歯石を作らないためにはどうすればいいのか、具体的に見ていきましょう。

歯石除去に保険は適用されない?

歯石を除去するのに歯医者に行くのは当然ですが、保険が適用されるのは当然ではありません。なぜなら、歯石というのは病気ではなく、あくまでも歯の間に溜まってしまった汚れ。放置しておけば歯周病へと発展することもありますが、歯石自体は病気では無いので、保険が適用されることはありません。

実際歯医者さんに行って聞いてみればわかるのですが、歯石除去では保険適用の3割負担では無く、全額負担と言われてしまうでしょう。しかし、歯医者さんによっては歯石を保険適用額で取り除いてくれる場合があります。その方法というのが、検査をするというもの。この検査によって歯石以外にも治療が必要と判断されれば、歯石除去と一緒に治療を行い、どちらも保険が適用されることになるのです。

検査はレントゲンをとったり、口の中を調べたりする程度なので時間はかかりませんが、問題は歯石除去の方にあります。歯石除去を保険適用で治療する場合、1回の治療で終わらせることはできず、最低でも2回の治療が必要になってしまうのです。費用のほうは保険適用なので数千円程度に抑えられますが、治療に行く労力は結構なものと覚えておきましょう。

歯石を歯磨きで予防

歯石は歯の表面に付着した汚れで、放置しておけば歯周病と口臭に繋がってしまうので、セルフケアで予防しておく必要があります。よく歯石の原因は食べかすが溜まったものと言われていますが、実は歯の表面の汚れはそれだけではなく、口の中の細菌がたまって出来たプラークというものもあるのです。

これは歯の隙間やかみ合わせ部分などに溜まりやすく、歯磨きをしっかりしないと除去することができません。そんな歯石対策で歯磨きをする際には、必ず歯磨き粉をつけてほしいのですが、市販の歯磨き粉だと汚れを除去しきれずに、しっかり歯磨きをしたのに歯石が出来てしまうことがあります。ですので、出来ればなた豆などの天然の成分で作られた歯磨き粉を使うようにしましょう。

やはり口の中に入れるものと言うこともあり、天然の成分なら安心ですし、汚れも人工で作られたものよりも確実に落としてくれます。汚れが溜まりやすいのは、歯の内側など磨きにくい所なので、磨き残しがないように時間をかけて磨くようにしましょう。最近はプラークを浮き彫りにしてくれる薬も販売されているので、同時に使ってみるといいかもしれません。

これを使うことで、自分の歯磨きの癖というのも同時に浮き彫りになるので、今後は磨き残しが無いように歯磨きを上手にすることができるでしょう。デンタルフロスも効果的とされているので、なた豆歯磨き粉、プラーク浮彫の薬、デンタルフロス、で完璧な歯石対策となります。

柔らかくて甘いものを控える

歯石の原因となる食べ残しは柔らかいものほど残りやすく、甘いものほど悪影響を与えるとされています。そんなわけで、歯石を作らないように甘くて柔らかいお菓子類は少し控えるようにしてみましょう。もちろん絶対に食べてはいけないということではありません。

食べるにしても2日に1回にする、食べた後は入念に歯磨きをするなど自分なりに食べかすが口の中に溜まりにくいようにしましょう。食べかすが残ると歯石だけではなく、虫歯もできやすくなり、そこから口臭が出てきたり歯石がさらにできやすくなったりすることもあります。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.