1. HOME
  2. 歯周病の予防と対策女性の方が歯周病になりやすいって本当?実はホルモンが関係している

女性の方が歯周病になりやすいって本当?実はホルモンが関係している

女性の方が歯周病になりやすいって本当?実はホルモンが関係している

歯周病って「女性の方がなりやすい」って本当ですか?

最近になって歯周病の恐ろしさがよく取り上げられるようになりましたが、普段から意識してケアされてる方はまだまだあまり多くないのが現状です。というのも、痛みや腫れがあるなど具体的な症状が出てからでないと、人は対策しようとしないから。普段何も自覚症状がないとそのまま当たり前のように日常を送ってしまいます。そう、ここが歯周病の厄介なところ。ある程度進行しなければ歯周病であることが自覚できないのです。

歯周病は日本人の歯を失う原因のトップともいわれており、実は密かにとても怖い病気の一つです。これを予防するには毎日の丁寧なブラッシングが大切になりますが、きちんと磨いているつもりでも磨けていなかったり、どうしても歯周病を患いやすい方とそうでない方に分かれてしまいます。なかでも「女性は歯周病にかかりやすい」といわれており、女性の方はより一層注意が必要になります。

なぜ女性は歯周病にかかりやすいのかというと、これは「ホルモン」が密接に関係しているためといわれています。女性はずっと同じ状態で一生を終えるのではなく、ホルモン分泌が変動しやすいという特徴があります。その変わり目の時期に歯周病にかかりやすくなる、といわれており、なんとその変化の時期は3度もあるのです。

変わり目の時こそより一層注意が必要です

まず一度目の変化の時は初潮を迎える頃。女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロンが多量に分泌されるため、歯肉の血液循環が促されます。すると歯茎は非常に敏感な状態になり、ちょっとしたことでもすぐに炎症を起こしてしまうのです。健康な状態であればすぐに治まるのですが、悪化することで歯肉炎などの症状が出てしまうことがあります。もしこの時期に何か異常を感じたりするのであれば、すぐに歯科医での治療を受けることをおすすめします。

二度目の変化は妊娠時。妊娠の際はとにかく体の変化が大きい時期ですが、女性ホルモンのプロゲステロンが増加することで、歯肉に異常が起きやすくなります。またこの時期はつわりなどでしっかり歯を磨けなくなるなど、ついブラッシングを怠りやすくなる時期でもあり、虫歯や歯周病などにより一層注意が必要な時期でもあります。

三度目の変化は閉経、そして更年期の時期です。大きくホルモンバランスが崩れてしまう時期でもあり、体調不良を感じる方も増えます。できるだけストレスをためないようにするなど、より体を労る必要があります。骨粗しょう症が増えやすくなる時でもあり、歯を支える組織も壊れやすくなることが指摘されています。何か歯の回りに異常を感じた時は、速やかに歯科医の治療を受けるようにしましょう。

予防するには毎日のブラッシングと規則正しい生活

歯の健康を守るためにはやはり毎日の正しいブラッシングが大切です。しかし、それだけではなくホルモンバランスが大きく乱れないよう心がけることも重要です。夜更かしばかりしている、偏った食生活ばかりを送っている、これでは当然ホルモンバランスは乱れやすくなります。これを防ぐためには毎日規則正しい時間に寝て起きる、栄養バランスを考えた食事をとる、適度な運動を行ったりストレスをためないようにするなど、健康を意識した毎日を送ることが大切になります。

歯と体の健康は切っても切り離せないもので、常に連動しているといっても過言ではありません。ですから女性の方は特に意識して、健康な毎日を送れるように工夫していきましょう。女性は体の変化を感じやすいものです。忙しい日々でなかなか自分のことを考えられない、という方も多いかもしれません。しかし自分を労ることは何よりも大切にしてください。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.