1. HOME
  2. 歯周病の予防と対策歯肉炎に効く歯磨き粉の選び方とおすすめ、その他の方法

歯肉炎に効く歯磨き粉の選び方とおすすめ、その他の方法

OKサインを出す女性の写真

自覚症状が少ない歯周病

自分が歯周病にかかっているかどうか、きちんと認識している人はどのくらいいるでしょうか。現在、予備軍も含めると20代でも7割以上、40代以上になると8割以上の人が歯周病菌に冒されていると言われています。歯周病には自覚症状があまりなく、知らず知らずのうちに少しずつ進行していく疾患です。歯茎の腫れや出血といった歯肉炎など自覚症状が表れてもそのままにしていると、治療が難しい状態になる恐れもあります。

歯周病菌は全身疾患を引き起こすことも

それでも歯周病は口の中の疾患だから、悪くなったら歯医者に行けばいいやと考えていたり、たかが歯や歯茎の病気と侮っていると危険です。まず、歯周病は立派な感染症であると認識する必要があります。歯茎が腫れているのに放置していると、歯周病菌が血液などで全身をめぐり、さまざまな全身疾患を発症させることもあります。

例えば、歯周病菌が原因で肺炎や心臓病(感染性心内膜症や心筋梗塞など)を引き起こす事例もあります。特に高齢者は歯周病にかかっている割合が非常に高いうえに抵抗力も落ちているため、発症する可能性も高くなります。また、歯周病は糖尿病を悪化させることも指摘されています。

比較的若年齢でも要注意です。歯周病にかかっている人が妊娠した場合、歯周病菌の影響で早産になったり、低出生体重児になる確率が約7倍も高まってしまうという報告もあります。

初期症状の歯肉炎を見逃さない

自覚症状が少ない歯周病ですが、「歯肉炎」の症状が表れた場合は歯周病を疑いましょう。歯肉炎は、歯と歯茎の間にある歯周ポケットに歯周病菌が溜まって赤く腫れたり、歯磨きの時に出血する状態のことです。

歯周病菌はどこからくるかと言うと、歯磨きで落としきれなかった食べ物のカスなどで、その汚れが溜まると薄黄色や乳白色の歯垢(プラーク)になります。歯垢は一言で言うと“細菌のかたまり”で悪玉菌がガスを発生させ、口臭を引き起こします。

歯肉炎は、歯周病の初期段階の症状なので、まだ歯の周りの組織の中でもセメント質や歯根膜、歯槽骨など土台となる組織までは冒されていません。ここまで歯周病菌が浸潤すると、歯茎がぶよぶよになったり、最終的には歯がグラグラして抜け落ちてしまうことも。自覚症状がないからと言って、歯周病の初期症状を放置することがないようにしましょう。

このように、歯肉炎は歯周病のサインとして分かりやすい症状です。見逃さずにセルフケアをしたり、早めに歯科医で治療することがとても大切です。

歯肉炎に良い歯磨き粉の選び方

歯肉炎はその名のとおり、歯肉(歯茎)が炎症を起こしている状態なので、歯磨き粉は炎症を抑える効果(抗炎症作用)に優れた歯磨き粉を選ぶと良いでしょう。

歯肉炎や歯周病予防には、歯磨き粉を使わずに磨くことを推奨している人もいますが、歯周病菌の殺菌作用のある薬用成分配合の歯磨き粉や、なた豆など自然由来の素材で抗炎症作用がある歯磨き粉を使うとより効果的です。

また、研磨剤が入っている歯磨き粉をよく見かけますが、歯肉炎などで歯茎が弱っている状態の人には刺激が強すぎます。また、磨き方によっては研磨剤で歯の表面を傷付けて、よりプラークが溜まりやすい環境になる恐れもあるため、歯肉炎の人は研磨剤入りの歯磨き粉をなるべく使わない方が賢明です。

歯肉炎を改善させる歯磨きの仕方

「プラークコントロール」という言葉を聞いたことはありませんか?歯周病の初期段階である歯肉炎を悪化させないために、プラークつまり歯垢の増殖を抑えて、歯周病菌を減らすよう上手にセルフケアでコントロールすることです。

歯肉炎を起こしている人は、歯と歯茎の間の歯周ポケットにプラークが溜まり、ガスを発生させて腫れています。プラークは食事をする度に付着するため、新たなプラークを除去しつつ、炎症を起こしている歯茎もケアする必要があります。

歯肉炎に適しているのは「バス法」という歯磨き法です。歯ブラシを45度の角度に傾けて、歯と歯茎のすき間に毛先が届くように磨くやり方で、数ミリ間隔で小刻みに動かすのがポイントです。決して力は入れ過ぎず、マッサージするように1本ずつ時間をかけて磨きましょう。

それでも通常の歯磨きだけでは、プラークは完全に落としきれないので、デンタルフロスや歯間ブラシを併用して、上手にプラークコントロールして下さい。

毎日の生活習慣にも気をつける

歯肉炎を改善させるには、日々の生活にも気を遣うことが有効です。例えば、唾液の分泌が少なくなると歯周病菌が繁殖しやすくなるため、食事をよく噛んで食べたり、歯にやさしいガムや、スルメなど歯ごたえのある食べ物を噛んで唾液の分泌を促すという方法も。また、こまめに水で水分補給をして、常に口の中を潤しておくことも大切です。また、タバコは歯周病を悪化させる要因になるため控えましょう。

さらに基本的なことですが、感染症の元である歯周病菌が活性化しないよう、体の抵抗力を保つために睡眠を充分にとり、ストレスを溜めない生活を心がけることも忘れずにいることも重要です。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.