1. HOME
  2. 歯周病の予防と対策もしかして歯槽膿漏…通販でスグ買えるオススメ対策グッズ

もしかして歯槽膿漏…通販でスグ買えるオススメ対策グッズ

通販サイトを見る男性の写真

歯周病と歯槽膿漏はどう違う?

中高年になると、歯や歯茎など口の中のトラブルが増えてくるので、毎日のオーラルケアが大変という方も多いのではないでしょうか。一言で口腔内トラブルと言っても色々ありますが、よく耳にする歯周病や歯肉炎、歯槽膿漏などは何が違うかご存知ですか? 

まず、「歯周病」の初期段階と言えるのが「歯肉炎」で、歯茎が赤く炎症を起こして膨らんだ状態のことを指します。歯肉炎になると、歯ブラシでブラッシングした時に出血したり、歯茎が少し下がったように見えるようになります。

歯肉炎が進行すると「歯周炎」という状態になり、歯茎が縮んだようになって歯と歯の間が広がり、食べ物がさらに詰まりやすくなります。歯と歯茎の間の境い目にある歯周ポケットも深くなり、歯槽骨という土台の骨を溶かすまでになってしまいます。

そして、歯周病が進行した最終段階になると、歯茎から膿が出たり歯の根元がむき出しになる「歯槽膿漏」になります。これは末期症状で、歯の土台である歯槽骨もグラグラになり歯が抜け落ちてしまう場合もあります。

最近では、歯周病と歯槽膿漏は同じ意味合いで使われるようになっていますが、歯周病の症状レベルは段階を踏んで進行していき、歯周病が悪化した状態が歯槽膿漏と理解しておくと分かりやすいでしょう。

知らぬ間に進行する歯周病・歯槽膿漏

ご説明したように、歯周病が進行して歯槽膿漏にまで悪化してしまうとセルフケアだけで対処するのは難しくなり、歯科医での専門的な治療を受けることが必要になります。

また、歯周病は“サイレントキラー”とも呼ばれているように、初期の段階では痛みなどの自覚症状があまりなく、「おかしい」と思った時にはかなり進行していたということが少なくありません。

そのため、歯周病を自覚するしないに関わらず、ある程度の年齢になったら歯周病・歯槽膿漏を予防するための対策を日頃から心がけることが大切です。特に、歯の土台の骨まで溶けてしまっている状態まで進行すると、現在の先端技術でも溶けた骨を治すのは困難ですし、場合によっては特殊な外科手術が必要になります。歯周病の進行を食い止めるためにも、予防意識を高めましょう。

歯槽膿漏にならないためのセルフケア①

歯周病や歯槽膿漏にならないために、まず基本となる予防法が毎日の歯磨きです。

原因菌である歯周病菌は食べカスなどが元となって発生し、歯と歯茎の境い目に溜まって歯垢(プラーク)となり歯周ポケットを形成します。このプラークを歯磨きで充分落とし切れないまま放置していると、歯周病菌が繁殖して歯周ポケットはどんどん深くなり、歯周病の進行を食い止められなくなります。

歯と歯茎の境い目の歯周病菌を、歯磨きできちんと取り除くためには、適切な歯ブラシと歯磨き粉を使いましょう。歯の磨き方の注意点は以下のとおりです。

  • 歯周病や歯槽膿漏予防に効果がある歯磨き粉を選ぶ
  • 歯ブラシは歯周ポケットに届きやすいよう、なるべく毛先が細くてやわらかい毛質のものを選ぶ
  • 歯に対して45度の角度で歯ブラシをあて、小刻みに動かす
  • 歯ブラシは大きく動かすのではなく、歯の1本1本の歯周ポケットまで意識ながら、1ヶ所あたり20回を目安に磨く
  • 力を抜いて、歯茎までマッサージするように磨く

適切な方法で歯磨きを続ければ、プラークが減って歯周病菌が繁殖しにくくなり、歯周病の悪化を防ぐことにつながります。歯周病独特の口臭や歯茎からの出血がおさまれば、効果が得られたことを実感できるでしょう。

歯槽膿漏にならないためのセルフケア②

ここで、歯周病・歯槽膿漏予防に役立つセルフケアグッズをご紹介します。

  • ブレスチェッカー(息を吹きかけて口臭レベルを6段階でチェックできる小さな器具)
  • 歯間ブラシ(やわらかいゴムタイプやワイヤータイプがあり、歯と歯の間の開き具合などにより選択)
  • オーラルヘルスなどのタブレット(乳酸菌の力で口内細菌のバランスを整えるラムネのような錠剤)
  • なた豆を使った歯磨き粉(抗炎症作用、血行促進作用などがあり、歯周病・歯槽膿漏改善にアプローチできる)
  • エアーフロスやジェットウォッシャー(高速で水滴を噴射し、歯と歯の間を洗浄する)

これらの対策グッズは、歯磨きの効果をさらに高める役割や、ていねいに歯磨きしても手が届きにくい部分を補うなどの効果があります。スーパーやドラッグストアで入手できるものもありますが、見当たらない場合は通販ですぐに購入できます。

それでも改善されない場合は

歯磨き方法や歯並びなどの問題で、自分では除去しきれないプラークや歯石が残る場合があります。それを放置するのはとても危険なので、歯科医で検診を受け、必要があれば器械を使ってプラークや歯石を除去するスケーリングを受けましょう。

いずれにせよ、ていねいな歯磨きや対策グッズなどを使って日頃からセルフケアをすることはもちろん、自覚の有無に関わらず、歯科医で歯周病・歯槽膿漏の定期検診を受けることも大切です。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.