1. HOME
  2. 歯周病の予防と対策歯周病予防にはマウスウォッシュとなた豆歯磨きが効果的

歯周病予防にはマウスウォッシュとなた豆歯磨きが効果的

歯周病予防にはマウスウォッシュとなた豆歯磨きが効果的

全心疾患のリスクを高める歯周病

歯周病というと、高齢者がかかるお口のトラブルと思っている人も多いようですが、実は30代以降の約8割もの人が歯周病予備軍と言われています。歯周病は“サイレントキラー”とも呼ばれていて、本人が自覚しないうちに少しずつ症状が進行していしまう特徴があります。そのため、歯周病をそのまま放っておいたために気づいた時には手遅れで、手術が必要になってしまったというケースも。また、歯周病は口の中のトラブルだけでなく、全心疾患との関連性が指摘されている感染症という側面もあり、糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞などのリスクが高まるという研究結果がいくつも報告されています。妊娠中の方についても、歯周病の影響で早産や低体重児出産になりやすいという指摘も。このように、歯周病はさまざまなリスクを抱えるあなどれない疾患なので、予防意識を高めて歯周病にならないケアを心がけることが大切です。

手軽で便利なマウスウォッシュ

ドラッグストアなどに行くと、オーラルケアコーナーにはずらりと多種多様な商品が並んでいます。歯周病予防に効果的な商品もたくさんありますが、普段は歯磨きくらいしかしていないという人は、どのようなアイテムを使えば良いのでしょうか。いつでも手軽に使えるアイテムとしては「マウスウォッシュ」がおすすめです。仕事などであまり時間が取れないと場合、ランチの後などにしっかり歯磨きできない人も多いと思います。マウスウォッシュであれば、口に液体を含んでうがいをしてゆすぐだけなので、トイレに行ったついでなどに30秒もあればできます。小さな携帯サイズのものも市販されていますので、バッグや会社のロッカーなどに入れておくと便利です。

マウスウォッシュは口臭エチケットに最適

手軽で便利なマウスウォッシュですが、歯周病予防という点ではそれだけでは不十分です。もちろん、マウスウォッシュには殺菌作用がありますので、口の中の細菌を除去して歯周病菌のエサを減らしてくれますし、そのおかげで食後の口臭などを防ぐこともでき、エチケットには最適です。とは言え、マウスウォッシュの効果は長時間持続するものではなく、時間が経てばまた細菌は繁殖します。また、根本的に液体でうがいをするだけでは、歯や舌に付着した汚れを落としきることは難しく、どうしても機械的にブラッシングする必要があります。そのため、マウスウォッシュはあくまでも歯磨きの補助的な役割として使い、一時的な口臭エチケットという点を重視するなどして使い分けると良いでしょう。

歯周病を効果的に予防するためのポイント

歯周病をきちんと予防ケアするには、いつものオーラルケアに工夫を加えることが必要となります。というのも、歯周病菌は歯と歯茎の境い目にある歯周ポケットやに棲みついていて、正しいやり方でないと細菌が繁殖し、ポケットが深くなって通常のブラッシングでは対処できなくなるからです。特に年齢を重ねると歯並びにも変化が出てくるので、歯ブラシの毛先が届きにくい汚れに対しては、デンタルフロスや歯間ブラシといった補助アイテムを使って、細菌のエサとなる歯垢(プラーク)を除去しましょう。
また、「歯茎が下がってきた」「歯磨きの時に血がにじむ」「歯茎がゆるくなってきた」といった症状がある場合は、歯周病ケアができる歯磨き粉を使うことが効果的です。

歯科医も注目する「なた豆」が入った歯磨き粉

歯周病ケアをうたった歯磨き粉は色々ありますが、中でも「なた豆」という天然植物のエキスを使った歯磨き粉は、歯科医にも注目されています。なた豆に含まれる「カナバニン」という特有成分には、歯茎の炎症を抑えて免疫力を高める作用があり、口の中の細菌バランスを改善させてくれます。なた豆は歯周病予防に効果的ということで、歯科医によっては治療後のうがいになた豆入りのお茶を採用しているところも。このような、歯周病ケアに適したなた豆入りの歯磨きをメインに使いつつ、補助的にマウスウォッシュやデンタルフロスなどを併用すれば、歯周病リスクが低くなります。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.