1. HOME
  2. 歯周病の予防と対策歯周病はキスでうつる?大切な人を守るためにもしっかり対策

歯周病はキスでうつる?大切な人を守るためにもしっかり対策

歯周病はキスでうつる?大切な人を守るためにもしっかり対策

大切な人に歯周病がうつる?!

歯周病は口の中の細菌が繁殖することで歯と歯茎のすき間などに入り込み、歯の周辺組織を破壊する感染症です。感染症ということは人から人へもうつるということで、キスや食事のまわし食べ、箸やスプーンの使い回しなどでもうつる可能性があります。こうした情報を聞くと、パートナーや夫婦とキスをするのを躊躇してしまいますが、過度に心配する必要はありません。歯周病菌の感染力は本来とても弱く、相手の口の中に細菌が移動しても、人の抵抗力を超えて感染する力はほとんどありません。つまり、キスなどで細菌がうつったとしても歯周病を発症するリスクは低いのです。

抵抗力が落ちている人との接触は要注意

歯周病は体のコンディションが低下していると発症する可能性があります。まだ抵抗力が弱い小さな子供や、病気やストレス、睡眠不足などでコンディションが落ちている人とキスをしたり食べ物や食器を共有すると、自分の歯周病菌によって発症させてしまうことになりかねません。子供やパートナーとはこのような接触をすることが多いと思いますが、相手が弱っている時は気をつけた方が無難です。それ以前に、自分の歯周病菌を増やさない対策も大切です。

歯周病を予防する歯磨き粉を使う

大切な家族やパートナーに歯周病菌をうつさないための対策としては、口の中を清潔に保つことが求められます。基本となる歯磨きでは、歯周病に作用するタイプの歯磨き粉(毒出し作用やひきしめ効果のあるなた豆入りなど)を使って、歯と歯茎のすき間など歯垢が溜まりやすい部分を念入りに磨きましょう。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.