1. HOME
  2. 歯周病の予防と対策糖尿病と歯周病の関係性、6番目の合併症と言われるように

糖尿病と歯周病の関係性、6番目の合併症と言われるように

糖尿病と歯周病の関係性、6番目の合併症と言われるように

糖尿病と歯周病には深い関連性がある

生活習慣病の代表格である糖尿病は、実は歯周病と深い関わりがあるというのをご存知ですか?糖尿病は、喫煙と共に歯周病を引き起こす高リスク因子と言われている一方、歯周病は糖尿病の6番目の合併症とされる程、お互いに密接な関連性を指摘されています。実際に、糖尿病患者の人はそうでない人と比べると歯周病や歯肉炎にかかっている割合が高いという調査結果もいくつもあります。

糖尿病患者が歯周病になりやすいのはなぜ?

ではなぜ歯周病と糖尿病は関わりが深いのでしょうか。まず、糖尿病になると歯周病になりやすいという点については免疫力が関連していると言われています。糖尿病の人は抵抗力がダウンして感染症にかかりやすいため、感染症の一つである歯周病の感染リスクも高くなります。また、血糖値が高い状態が続くと歯茎の血管にダメージを与えることから、歯周病が進行しやすくなるのです。

歯周病はインスリンの効果を弱める

逆に、歯周病の人は糖尿病を悪化させやすいという点は、歯周病で炎症が起きた時に発生する物質が全身をめぐった時に、糖尿病治療薬であるインスリンの作用を弱めてしまい血糖値を上昇させるということが判っています。そのため、インスリン投与を行っている糖尿病患者の歯周病を治療すると、インスリンが効きやすくなって血糖値が改善したという報告例が多く見受けられます。このように、歯周病と糖尿病には深い関連性があるため、歯周病を単なる口の中のトラブルとあなどってはいけません。歯周病ケアができるなた豆入り歯磨きなどで、口内環境を整えて合併症を予防しましょう。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.