1. HOME
  2. 歯周病の予防と対策歯周病専用のレーザー治療は痛みや感染の危険性が少ない

歯周病専用のレーザー治療は痛みや感染の危険性が少ない

歯周病専用のレーザー治療は痛みや感染の危険性が少ない

歯周病は発見が遅れることが多い

歯周病は自覚がほとんどないまま進行するため、歯茎から出血したり腫れるなどして気づいた頃には本格的な治療が必要になることも少なくありません。自覚がなくても定期的に口の中の検診を行っていれば、かなり初期の段階で発見することができ、予防でおさめることも可能です。また、歯周病が初期の段階では、超音波スケーラーや手用スケーラーなどの道具を使って機械的に歯と歯茎の境い目の歯垢を除去するのが一般的な治療法です。

歯周病専用のレーザー治療とは

進行した歯周病の場合は、歯周外科処置によって歯周ポケットを少なくしたり、歯槽骨の状態を改善するなどの方法があります。また、最近ではレーザーによって歯周病を治療できる方法もあり、人気が高まっています。レーザー治療では、従来の治療方法では届きにくかった深い歯周ポケットや入り組んだ部分にも到達しやすくなります。効果が高い割に痛みはほとんど無く、麻酔が要らないケースも多くあります。また、比較的短期間で治療が完了でき、歯周病を再発させる歯石が再付着しにくくなるなどのメリットがあります。

レーザー治療の安全性と歯周病予防のポイント

歯周病専用のレーザー治療の開発によって、歯周病の治療は大きく変わりました。切開や縫合をしないため体への負担が少なく、感染の危険性が少ないなど安心して受けられる治療法として導入する歯科医も増えています。とはいえ、歯周病は毎日の歯磨きで充分予防できます。例えば、歯周病菌の繁殖を抑えることが期待できるなた豆エキス入りの歯磨き粉など、歯周病ケアができるグッズを選ぶことが大切です。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.