1. HOME
  2. 歯周病の予防と対策歯周病がほかの病気を引き起こすって本当?

歯周病がほかの病気を引き起こすって本当?

歯周病がほかの病気を引き起こすって本当?

歯周病を放置すると全身疾患リスクが高まる

歯周病を単なる口の中の病気だと思っていませんか?それは大きな誤解で、実は歯周病は全身疾患との関わりが深く、放っておくと怖い病気でもあることが近年の研究で明らかにされつつあります。よく関連が言われるのが歯周病と糖尿病との関係です。糖尿病はさまざまな合併症を起こしやすい疾患で、そのひとつが歯周病です。糖尿病患者の歯周病を治療すると、糖尿病改善に欠かせないインスリンが働きやすくなるという研究結果もあります。

妊娠中の女性は歯周病を治療しよう

また、歯周病は狭心症や心筋梗塞にも影響を与えると言われ、歯周病がある人は心疾患のリスクが高まるという報告もあります。これは歯周病菌が原因で、歯茎で産生された物質が血液を巡り心臓の血管に悪影響を与えると考えられています。同じような要因から脳梗塞のリスクも高まります。また、まだはっきりとした因果関係は明らかにされていないものの、妊娠中の人が歯周病を放置していると、低体重出産や早産の確率が高まるというデータもあり、年齢に関わらずしっかりと歯周病ケアをすることが大切です。

適切なセルフケアが歯周病を防ぐ

このように全身疾患に関わる歯周病は、毎日のオーラルケアでしっかり予防して罹患リスクを低めましょう。歯周病の原因となる歯垢(プラーク)は、歯と歯茎の境い目や歯ブラシが届きにくい奥歯などに溜まりやすく、歯間ブラシやデンタルフロスなどを使ったていねいなセルフケアが効果的です。また、歯磨き粉の選び方も重要です。例えば“膿とり豆”として昔から知られる「なた豆」を使った歯磨き粉は、口の中の環境を正常化して歯周病を予防する作用があるためおすすめです。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.