1. HOME
  2. 歯周病の予防と対策歯周病のよくある症状まとめ!放置せずに予防と対策をしよう

歯周病のよくある症状まとめ!放置せずに予防と対策をしよう

歯周病のよくある症状まとめ!放置せずに予防と対策をしよう

歯周病は静かに進行する

歯周病は自分で気づかないうちに進行している“サイレント・ディジーズ(Silent Disease)”とも呼ばれる疾患です。何となくお年寄りの疾患というイメージがあるため、「まだ大丈夫」と思ってオーラルケアをおろそかにしていると、いつの間にか歯周病に罹っていたということになりかねません。

そもそも歯周病がどんな疾患かというと、歯垢(プラーク)や歯石に含まれる細菌が食べカスや糖分などをエサにして繁殖し、歯茎に炎症を起こすというものです。炎症を放置したまま磨き残しなどがあると、さらに炎症は進んで、最終的には歯を支える土台となる歯槽骨をも溶かしてしまいます。重度の歯周病になると歯科医院での治療も難易度の高いものになり、外科的な治療が必要になることもあります。そうなる前に、歯周病の初期症状に意識を向けて、放置せずに予防と対策をすることが大切です。

歯周病のよくある自覚症状とは?

自分で認識できる歯周病の代表的な症状としては、次のようなポイントがあります。

・歯茎がピンク色ではなく赤みがある/腫れている
・歯磨きをすると血がにじむ
・歯茎が下がって歯が長くなったように見える
・水などで歯がしみる
・口臭がする

これらはいずれも歯周病の原因となる細菌のかたまりである歯垢(プラーク)や歯石によって歯茎に炎症や腫れを起こしているためにおこる症状です。歯茎下がりや歯がしみる状態も、歯周病菌によって歯周組織がダメージを受け、歯の周りの骨を溶かしてしまうことで引き起こされます。口臭は歯周病患者のほとんどの人に見られる症状で、歯と歯茎の間などで増殖した細菌が悪臭を放っているのです。歯周病が悪化すると歯ブラシでは届かない歯周ポケットの奥へ奥へと細菌が浸食するので、早い段階からケアをするよう心がけましょう。

こんな症状が出てきたら危険

いよいよ歯周病が進行すると、上記のような症状だけでなく「歯茎が腫れて痛くなる」「歯茎から膿が出る」「歯がグラグラする」など、通常のケアや治療では手遅れになってしまいます。初期段階の歯周病であれば、治療は「プラークコントロール」という歯垢を付けないようにする日常的なオーラルケアでほとんど事足ります。

ただ、歯垢が固着して歯石になってしまうと普通の歯ブラシでは除去できないので、歯科医院で超音波振動によるスケーリングをして取ります。こうした処置で歯周病の原因を取り除いておけば、あとは自宅でのセルフケアで上手にプラークコントロールしていけばOKです。

補助アイテムを使って歯垢を除去

歯周病のセルフケアの効果を高めるためには、適切な歯ブラシや歯磨き粉を使うようにしてください。せっかく歯科医院できれいに歯垢を除去してもらっても、毎日の食事や生活習慣によってはまた歯垢は溜まってしまいます。

いつもの歯ブラシで隅々まで磨けていない場合は、デンタルフロスや歯間ブラシといった補助アイテムを使って歯と歯の間や歯と歯茎のすき間の磨き残しを取り除きます。歯ブラシも奥歯の側面まで入り込むようなヘッドが小さめのものやスリムタイプに替えると良いでしょう。歯だけではなく、歯と歯茎の間の歯周ポケットを意識して、1本ずつ小刻みに磨くのがポイントです。

歯茎の健康を保つ歯磨き粉がおすすめ

歯周病予防には血流促進と引き締めのために歯茎をマッサージするのも良いと言われていますので、塩を使って実践している人もいるのではないでしょうか。最近では歯磨き粉にも歯茎の血流促進と引き締め効果が期待できるものが出ており、なた豆という植物を使った歯磨き粉などは人気が高まっています。歯垢を除去しながら歯茎の出血を抑えて口内環境を整えるため口臭予防にもなります。このような歯周病ケアができるアイテムを取り入れながら、症状が悪化しないよう上手にコントロールしていきましょう。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.