1. HOME
  2. 歯周病の予防と対策歯周病になりやすい人の特徴と習慣!予防は「なた豆歯磨き」で

歯周病になりやすい人の特徴と習慣!予防は「なた豆歯磨き」で

歯周病になりやすい人の特徴と習慣!予防は「なた豆歯磨き」で

歯周病になりやすい人っているの?

お年寄りになっても歯や歯茎の健康をキープしている人がいますが、歯周病になってしまう人と何が違うのでしょうか?歯周病は口の中の悪玉菌によって歯茎が浸食されて、少しずつ歯周組織が破壊されてしまう疾患です。一般的に40代の人の8割以上は多かれ少なかれ歯周病に冒されていると言われていますが、なりやすい人とそうでない人がいるのは確かです。

まず、遺伝的な要因があります。がんや糖尿病などは遺伝的要素があると指摘されていますが、歯の健康も遺伝すると言われています。つまり、親が歯の弱い体質だと、子供も歯周病や虫歯に対する抵抗力が弱く疾患リスクが高まります。また、もともと歯並びが良くない人は、歯磨きが不十分になりがちで歯垢(プラーク)が溜まりやすく、歯周病になりやすいと言えます。

ライフスタイルを変えれば歯周病は予防できる

このような遺伝的要素や生まれつき歯並びが悪いケースだけでなく、日常の生活習慣が原因となって歯周病を発症しやすい人もたくさんいます。次のような歯周病になりやすい生活習慣のうち、あなたはどれくらい当てはまるでしょうか?

  • 口で呼吸していることが多い
  • 歯を食いしばるクセがある
  • 睡眠中に歯ぎしりをする
  • よく噛まずに食べる/やわらかい食べ物を好む
  • よく間食する/甘いものをよく食べる
  • タバコを吸う

基本的に歯周病は唾液の分泌が減って口の中が乾くと悪化しやすくなるため、口呼吸が多い人は意識的に鼻で呼吸するようにしましょう。鼻炎などの影響がある人はそちらをまず治療してください。歯ぎしりや食いしばりは強い力で歯茎に負荷をかけてダメージを与えます。食事の時にあまり噛まない人ややわらかい食べ物を好む人は、咀嚼による唾液分泌が減る要因になります。間食やスイーツの糖分は歯周病菌の格好のエサになるので、歯を磨かずに食べ続けるのは控えましょう。

そして、タバコは歯周病リスクを非常に高める危険因子です。タバコに含まれる有害物質は歯茎や粘膜から吸収されて歯周病菌に対する免疫力を低下させてしまいます。米国の調査では喫煙者は非喫煙者より4倍リスクが高まると指摘しているほどなので、喫煙の習慣は改めることをおすすめします。

オーラルケアに対する意識を高めよう

歯周病になりやすい生活習慣をまとめると、主に次の3つの状態が大きく影響していると言えます。

①唾液が減って口が乾く
②口の中に汚れが溜まる
③免疫力が低下する

この観点で見ると、疲労やストレス、睡眠不足も①や③にあてはまり、歯周病リスクを高めることになります。不規則な生活やストレス状態が長く続いている人は要注意です。また、自分の口の中の健康に対して高い意識を持つこともとても大切です。口腔内ケアに関心がないと歯磨きがおろそかになって口の中に汚れを溜めやすく、歯周病を引き起こすプラークや歯石の元になるので、若いうちからしっかりオーラルケアしましょう。

特有の成分が作用する「なた豆歯磨き」

歯周病を予防するためには、先ほどご紹介した生活習慣を改善するのと同時に、ていねいな歯磨きが欠かせません。歯周病になりにくい歯磨き粉を使うとさらに効果的で、最近では「なた豆歯磨き」を始めとする歯周病ケアに優れたものも市販されています。

なた豆というのは古くから日本で民間療法に使われているマメ科の植物で、毒出し作用があると言われています。実際、なた豆特有のカナバニンやコンカナバリンAといった成分には、抗炎症作用や排膿作用があることが判明しており、歯茎の腫れや出血を抑えたり口臭予防にも効果があるとされています。若いうちは虫歯予防をメインにした歯磨き粉でも良いですが、ある程度年齢を重ねたら歯周病ケアができる歯磨き粉に替えることをおすすめします。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.