1. HOME
  2. 歯周病の予防と対策こんな症状に要注意!進行しやすい歯周病に気付くポイント

こんな症状に要注意!進行しやすい歯周病に気付くポイント

こんな症状に要注意!進行しやすい歯周病に気付くポイント

歯周病による口臭に悩んでいるという人はかなり多いものです。歯周病というのはいくつかある口臭の原因の中でも、最も凶悪なものとされており、実際歯周病を治療したことで口臭が消えたという報告も多数あります。とはいっても、自分が歯周病なのかということには気が付きにくいものです。

歯周病の進行

歯周病は徐々に進行していってしまう病気で、重症になればなっていくほどに治療が難しくなっていくのです。そんな歯周病というのは、歯と歯茎に隙間ができてしまう病気であり、この隙間に食べ物のカスが詰まり、それが腐敗することで口臭を発生させます。隙間が1mm程度であればほとんど問題ないのですが、これが4mmくらいになってくると一気に進行が進んでしまい、見た目的にも歯茎がはれていることが分かるようになるでしょう。最終的には歯茎に歯がくっついていないかのようにグラグラになってしまい、歯が抜け落ちてしまいます。とにかく早めの治療が大切な病気ですので、予兆があると思えばすぐに歯医者さんに相談してみましょう。

歯茎からの出血に要注意

歯周病に気づくときに、一番多いのが出血によるものでしょう。リンゴを食べたら出血したというのは有名な話ですが、歯周病によって弱っている歯茎というのはもう少し柔らかいものであっても出血してしまいます。歯茎というのは大量の毛細血管が走っており、それが歯周病になってしまうことで炎症を起こし脆くなり、その部分が噛んだ衝撃で出血を起こしてしまうのです。歯茎が健康な人はよっぽどのことがなければ出血を起こすようなことはありません。

ちなみに歯磨きも結構な衝撃が歯茎に伝わるため、歯周病の人はすぐに出血を起こしてしまいます。このような出血は歯周病の分かりやすいサインですので、確実に見落とさないようにして、出血があればすぐにでも歯医者さんに見てもらうようにしましょう。

口臭から気が付くことも

口臭=歯周病という短絡的な決めつけはできませんが、もしかするとその口臭は歯周病のサインかもしれません。歯周病の口臭は、とにかく匂いが強いという特徴を持っているため、人に口臭を指摘されるようなことがあれば、歯周病の可能性を疑ってみましょう。

残念なことに、口臭というのは自分では気が付かないようにできているため、人からの指摘くらいでしか気づく方法がありません。ですので、パートナーがいるような人は、少し恥ずかしくてもたまに口臭をチェックしてもらい、歯周病の予兆がないかどうか確認しておくことも重要です。これら口臭はミント系のキャンディーなどで一時的に解消することは可能ですが、それで歯周病が治ったというわけではありませんので、一刻も早く治療を始めましょう。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.