1. HOME
  2. 歯周病の予防と対策どんなものがあるの?歯周病の分類と種類について

どんなものがあるの?歯周病の分類と種類について

口に両手を当てている男性

歯周病と言えば歯の周りの骨がじわじわと溶けていき、最終的には歯が崩れ落ちてしまう恐ろしい病気です。そんな歯周病にも実は種類があります。それによって症状も違ってくるので、しっかりと確認して、いざ歯周病になった時でも対応できるようにしておきましょう。

歯肉炎

歯周病の中でも一番多く一般的とされているのが、この歯肉炎という症状です。歯肉炎は歯と歯茎の隙間部分に汚れが入り込んでしまい、歯磨きなどでも上手く取ることが出来ず、次第にその汚れによって歯肉が炎症をおこしてしまう状態のことを言います。炎症自体は歯の周りで起こるだけなので、歯を支えている骨に影響はなく、見た目的には大きな変化がありません。

しかし、そのせいで気づくのが遅れがちで、放置してしまうと歯槽骨という歯の根元より下部分の歯が溶かされ始め、歯周炎へと変化していきます。一度このように歯が溶かされ始めてしまうと、現在の医学では再生が難しくなってしまうのです。

初期段階であれば、比較的楽な方法で治療をすることが出来るので、見た目に変化がなくても、口臭があるなど予兆があれば、すぐに歯医者で相談してみるのが良いでしょう。予防としては歯周病に効果的とされる歯磨き粉を使ったり、歯磨きの方法をきちんとしたり、といったものがあります。

慢性歯周炎

こちらが、歯肉炎が手遅れの段階まで進行してしまった状態のものになります。歯肉炎では歯茎が炎症しているだけだったのが、セメント質や先ほどの歯槽骨、さらには歯根膜組織までにも広がってしまい、顎の中で病状が進行していくのです。

基本的に歯茎の中で起こっていることなので、自分では気づきにくく、歯茎が異常に腫れたり、歯がグラグラしてきて初めて分かることが多いようです。歯磨きをした時に出血が多くなるのも特徴で、辛い場合には刺激の少ない歯磨き粉を使うなどの対処も必要でしょう。

慢性歯周炎は進行が遅く、痛みを実際に感じるようになってから腫れるまでは数時間のタイムラグがあります。痛みと腫れが同時に来ないので、つい放置してしまいがちですが、これは急速に骨が吸収されてしまっている証拠。痛みは体が発する最終警告のようなものなので、歯茎に強い痛みを感じたら慢性歯周炎の可能性を疑って、すぐに病院へ行きましょう。

侵襲性歯周炎

侵襲性というだけあって、ものすごい勢いで顎の骨が溶かされていきます。見た目にも明らかに分かるくらい歯茎がスカスカになり、次第に周りの歯にも影響が及んでくるでしょう。とにかく進行が早い歯周病なうえに、病状も深刻なので、すぐに診てもらうことが大切です。遺伝子的な原因ということも考えられるので、両親に歯周病の経験はないか聞いておくのもいいかもしれません。

壊死性歯周疾患

こちらの歯周病は、歯茎がどんどん壊死していき、歯肉からの出血や疼痛があり、感染症のひとつとなっています。特徴としては、ものすごい口臭が発生してくるので、分かりやすいかもしれません。もちろん、歯周病ですから口臭は大小あれど発生しますが、壊死性歯周疾患の場合かなり強い口臭を感じるようになるのです。

主な原因はストレスからくるものと言われているので、最近仕事で疲れているなと感じており、歯周病の疑いを感じる人は、その旨もしっかり伝えて診てもらうようにしてください。喫煙患者にも多いとされているので、これを機会にタバコをスッパリやめてしまうのもオススメです。

まとめ

歯周病はどの種類であっても、最終的には抜歯しなくてはならない重い病気ですので、そうならないためにも早め早めの治療を心がけましょう。そして、予防のためにも歯磨きだけはめんどくさがらずに毎日それなりの時間をかけておこなうべきです。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.