1. HOME
  2. 歯周病の予防と対策歯周病は完治しないって本当なの?治すために心がけたいポイント

歯周病は完治しないって本当なの?治すために心がけたいポイント

歯磨きをする外国人男性

歯周病は進行すればするほど歯の周りの見た目が悪くなり、最悪の場合は歯が全て抜け落ちてしまう恐ろしい病気。そんな病気を抱えておきたくはないので、ほとんどの人が歯医者に行くと思いますが、実は完治は難しいというのが実情です。これはどうしてなのか、そして治療のポイントとは、ここではこのことについて解説します。

歯周病は完治しない?

歯周病が完治しないかという質問に答えから言ってしまえば、完治はしません。虫歯を思い浮かべてみれば分かりやすいのですが、虫歯も治療をしても最終的には詰め物や銀歯を入れることになります。これは人工的なものを歯につけるということなので、昔のような状態に歯が戻ったとはお世辞にも言えません。

ということは、完治はしていないということになるでしょう。ようは、この理屈と同じで歯周病も病気以前の完治状態になることは無いのです。歯周病は最終的に顎の骨を溶かし、溶けてしまった骨が元に戻ることもありません。しかも、一度かかってしまうと治療しても再発する可能性も高いので、やはり完治にはほど遠いと言えるでしょう。

歯周病は進行を止めることが大切

歯周病は完治することは無いのですが、少しでも治すためにはまず進行を食い止める必要があります。歯周病の主な原因となるのは、歯の間や溝に溜まってしまった汚れ、いわゆるプラークというものです。これをいかに除去するのかということが、歯周病をいかに食い止めるかということに直接繋がります。

プラークを除去してあげれば、歯茎の炎症もかなり抑えられるので、今後歯周病が急に悪化するということも無くなるでしょう。プラークを放置しておくと、次第に歯石という塊になり、そこに汚れが溜まり歯周病が悪化するという悪循環に陥ってしまうので、しっかり除去して歯周病を治すように心がけてみてください。

毎日の歯磨きを入念に

歯周病を治すためには、何と言っても毎日の歯磨きをしっかり行うことが重要です。とは言っても、1日に何回も歯磨きをすればいいというわけではありません。実際1日に何回も歯磨きする人に限って、歯には汚れが残っており、歯周病になりやすいこともあるのです。歯磨きというのは量ではなく質ですので、きちんとした方法で歯磨きをすることが一番の治療となるでしょう。

例えば硬すぎる歯ブラシを使っている人は、すぐに柔らかい歯ブラシに変更してください。硬い歯ブラシは確かに汚れを根こそぎ落としてくれそうなイメージがありますが、実は細かい所には入り込むことが出来ず、汚れを落としきれないことが多いのです。そこで、柔らかい歯ブラシを使って、歯周病の原因となる歯の汚れを除去していきます。

それでも汚れが落ち切らず、歯周病の進行が止まらないという人は、歯磨き粉が悪いのかもしれません。歯の汚れを落とすのに大切な歯磨き粉は、市販のものだと効果が薄いことが多いので、ネット通販で買える少し良いものを購入するようにしてみてはいかがでしょうか。

最近だと、なた豆の歯磨き粉が人気で、歯の汚れを根こそぎ落としてくれることでも有名です。毎日使う歯磨き粉の値段が高いのはキツいかもしれませんが、最終的に歯周病が悪化することを考えれば確実に安い買い物となるでしょう。

歯医者さんに相談

歯磨きによって歯周病の進行を止めたからといって、完全に安心することはできません。もしかすると、汚れが落ち切っていない部分があって、知らないところで歯周病が悪化している可能性だってあるのです。そのため、歯周病の疑いがある人は怖がらずに歯医者に行くようにしましょう。やはり歯のことは専門医に任せるのが一番。歯医者さんに行けば、自分が今後どのような対策をとっていけばいいのかも親切に教えてくれます。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.