1. HOME
  2. 歯周病の予防と対策歯周病の予防・緩和にビタミンが効く!意識して摂りたいビタミンまとめ

歯周病の予防・緩和にビタミンが効く!意識して摂りたいビタミンまとめ

レモンがテーブルにおいてある

歯周病予防にビタミンが効く?意外なその効果とは!

歯周病を予防するためには毎日のブラッシングや、定期的な検診を受けることが大切です。歯周病は最近でこそ知られてきましたが、単なる口腔内だけの病気ではありません。全身の疾患とも深い関わりがあるため、なんとなく症状を放置してしまうと後々重大な病気と関係する可能性も考えられます。

実際に歯周病を患っている方は30代以降になるとかなり増加していきます。そして歯周病にかかってしまった状態の歯茎は、健康に歯を支える力を失いコラーゲン繊維が破壊されてしまっています。このままの状態を放置し続ければ歯茎の状態が悪くなるだけでなく、歯を支える力もどんどんなくなり、ひどい場合は歯を失ってしまいかねないのです。そこでおすすめしたいのが「ビタミン」の摂取。なぜビタミンが歯周病と関係あるのでしょうか。

毎日の生活に、積極的なビタミン摂取を推奨します

ビタミンの中でもとくにビタミンCは、コラーゲンの合成を促進してくれる効果を持っています。この効果によって、破壊されてしまったコラーゲン組織を再生させてくれるのです。

すると歯茎はもとの健康な状態に近づき、本来の歯を支える力を取り戻していきます。歯周病を予防するためにも、実際に患ってしまった場合にもこの働きは有効です。本来ビタミンCの摂取はからだの健康のためにも必要なものです。是非毎日のブラッシングを続けながら、意識してビタミンを摂取してみましょう。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.