1. HOME
  2. 歯周病の予防と対策歯茎からの膿や血が口臭の原因?歯周病対策で臭いも解消

歯茎からの膿や血が口臭の原因?歯周病対策で臭いも解消

歯茎からの膿や血が口臭の原因?歯周病対策で臭いも解消

いくら歯を磨いても臭いはとれない?その口臭の原因とは

人間は臭いに敏感な生き物です。香りなどは記憶に鮮明に残りやすいなど、見えないものだからこそ強い印象を持っているものです。そのため、他人から発せられる臭いに対して良い・悪いという感情を抱くのは普通のことなのです。人の印象を大きく左右するものとして「口臭」がひとつあげられます。今までのなかで「見た目は感じがいいのに口臭がちょっと」と感じた経験はないでしょうか?どんなに服装や髪型に清潔感があっても、口臭がひどければすべて台無しです。

口臭が起こる原因としては様々なものがあげられます。普段人は物を口にして・噛んで・飲み込むという動作を行いますが、この噛むという動作は歯がなくてはできません。そして歯で噛むということは、食べ物のカスが歯の表面や隙間に入り込みます。丁寧なブラッシングを行えばこのカスはきちんと取り除くことができますが、不十分なブラッシングの場合、そのカスはどんどん蓄積され虫歯の原因をつくることもあります。また多くの人が気にする「口臭」の原因にもなるのです。

そして一番厄介なのが、食べカスで発生する口臭ではなく「歯周病」が原因で起こる口臭です。口臭に悩まされている方の多くは、実はこの歯周病が原因なのではと考えられています。なぜ歯周病によって口臭が発生するのか、またその対策方法について一度考えてみましょう。

正しく歯周病対策を行って口の中の健康を保ちましょう

歯と歯茎の間には歯周ポケットと呼ばれるものがあります。普段のブラッシングにおいては、その歯周ポケットの汚れをしっかり落とすことが大切になります。この歯周ポケットがしっかり磨けておらず、歯周病が悪化することによって歯や歯を支える骨が衰えてくると、歯周ポケットは普通よりもどんどん深くなっていきます。すると汚れだけでなく歯周病菌がそのなかにたまっていき、膿や出血が起こってしまうことがあるのです。これこそが強い口臭の原因となってしまうのですが、症状が悪化すると自力で症状を改善させることは難しくなります。

歯茎が下がったような気がする、歯磨きの際出血している、という場合はまず歯医者へ行って治療を受けることをおすすめします。自力では届かない歯周ポケットの奥もしっかり洗浄してもらえるので、口臭の原因をしっかり解消させることができるでしょう。もちろん一度治療を受けて治ったらそれで終わり、ではありません。歯茎を健康な状態に保つためには継続したケアが大切になります。例えば殺菌作用が含まれた歯磨き粉を使用する、自分に合った歯ブラシ選びやフロスを活用するなど、アイテムにこだわりを持つことも必要です。

軽度の歯周病の場合は毎日のケアを丁寧にするだけで改善させられる可能性はありますが、ある程度進行してしまうと自分でどうにかしようとするより適切な治療を受ける方が早く回復します。一日でもはやく口臭をなくすためには、まず歯医者へ行くことをおすすめします。

その後のケアは「なた豆」などがおすすめです

歯周病を予防するのにおすすめなものとして、なた豆が含まれた歯磨き粉はとてもおすすめです。なた豆には膿を出してくれたり炎症を抑えてくれる効果が含まれているので、歯周病予防に高い効果を発揮してくれます。きちんと治療を終えた後は、こういった有効な成分が含まれた歯磨き粉を使ってしっかり歯周病対策を行っていきましょう。いくら歯を磨いても口臭がとれない、大人のエチケットとして口臭対策をきちんと行いたいという方は是非日頃のケアを見直し、必要あらば歯科医に診てもらってください。悩んでいるよりも、できることをまずはやってみましょう。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.