1. HOME
  2. 歯周病の予防と対策歯周病が原因で死ぬこともある!脳梗塞に繋がるリスクと対策

歯周病が原因で死ぬこともある!脳梗塞に繋がるリスクと対策

歯周病が原因で死ぬこともある!脳梗塞に繋がるリスクと対策

歯周病が命を脅かすこともある?その恐ろしいリスクとは

歯を失う原因のナンバーワンともいわれているのが「歯周病」です。歯周病はそれほど珍しい症状ではなく、日本人のおよそ8割は抱えていると言われるほどポピュラーなものでもあります。それだけ多くの人が抱えている歯周病菌は、いわゆる最近によって起こる感染症でもあります。ただ歯周病である、といわれてもあまりピンときませんが、感染症であると言われるとどうでしょうか。途端に物騒な響きに感じられるのではないでしょうか。

実はそのように感じる方が正解なのです。歯周病はポピュラーで日本人の多くが抱えているものだから、と心のどこかで安心していませんか?どうせ命に関わるようなものではないだろう、と。しかしこれこそが大きな間違いなのです。いきなり直結するということはありませんが、歯周病によって命が脅かされる可能性も決してゼロではなく、むしろ歯周病を抱えることで健康を害するリスクがどんどん上昇していくことがわかっているのです。

まず歯周病菌は歯周ポケットなど、閉じ込められた空間で繁殖しやすくなっています。歯周病菌が増えた状態になると、歯茎が腫れたりひどい場合は出血することもあります。このままで放置すると菌はおさまるどころか、さらに増殖していき歯周病を悪化させていくのです。これによって歯を支える骨も溶けていき、ある日突然歯が抜け落ちてしまうこともあります。これこそが日本人が歯を失う最も大きな原因なのです。

歯周病によって引き起こされる可能性のある病とは?

歯周病菌はただ口内だけに留まるものではありません。歯周ポケットで菌をどんどん繁殖させ、やがて血液の中に入り込んで体中を駆け巡っていきます。すると歯周病菌は臓器や血管壁など、あらゆる器官で毒素を出して体の大事な器官を傷つけていきます。これを聞いただけでも非常に恐ろしいことのように感じられるのではないでしょうか。問題なのはここからです。例えば悪さをする場所が心臓や脳など、特に大事な部分の血管であった場合はどうでしょうか?そう、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性がアップしてしまうということです。

いわゆる動脈硬化はこの歯周病菌が原因となって起こることもあり、想像以上に恐ろしいことが分かります。また、血糖値を下げるインスリンを抑制する働きも持っているため、糖尿病を引き起こしたり悪化させる直接の原因となることもあります。生活習慣病の中でもとくに注意されている病も、なんと歯周病菌が感染している場合があるというから驚きです。ただ口の中の細菌が増えているだけだ、口臭が気になる程度だから、という単純なものではありません。そのように甘く考えている方ほど、ある日突然倒れてしまったなんてことは決して珍しいことではないのです。

毎日のブラッシングと定期的なケアをしっかりと

歯周病菌は毎日のブラッシングをしっかり行うこと、歯医者で定期的にメンテナンスを受けることでしっかり予防・改善することができます。ただし歯ブラシだけではプラークなどを落としきることはできませんので、フロスや歯間ブラシなど細かなアイテムを使ってできるだけキレイに磨き上げるようにしましょう。

歯石などはどんなにきちんと磨いても見えない部分についてしまうもの。これは歯科衛生士の方などプロの手によって取り除いてもらう必要があります。最近は歯石とりのスケールなども販売されていますが、どうしても自分では歯茎を傷つけやすいこと、見えないところを行うのは難しい点から、専門的なお手入れをお願いすることがおすすめです。歯周病菌は想像以上に恐ろしいもの、日頃からそのように意識しておくことが大切です。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.