1. HOME
  2. 歯周病の予防と対策歯にブリッジ治療している人は歯周病になりやすい?理由と対策方法

歯にブリッジ治療している人は歯周病になりやすい?理由と対策方法

歯にブリッジ治療している人は歯周病になりやすい?理由と対策方法

ブリッジを使用している方は「歯周病」に気をつけましょう

歯の治療、一度は経験したことがあるという方も多いでしょう。早い段階で虫歯を治療する、もしくは普段から予防につとめているという習慣がある方はお口の中を清潔に保てている方でしょう。是非そのまま続けていってください。注意したいのが、歯の治療を途中で投げ出してしまう方、悪い所があると分かっていてもなかなか歯医者さんに行かないという方。このような方は決して少なくありませんが、お口の中の清潔度が失われやすいので注意が必要です。

最近は歯の治療も様々なものがありますが、治療の過程でどうしても「ブリッジ」をしてもらわなければならないという場合があります。ブリッジとは、両隣の健康な歯を土台にして人工の歯を入れる、という昔からある治療法ですが、難点としてブラッシングをしっかり行わなければ虫歯や歯周病になりやすい、という点があげられます。つまりより一層ケアしなければならないということです。

もちろん歯周病はブリッジなどの治療を行っていなくてもなる可能性はあります。逆にブリッジを入れているからと言って必ず歯周病になるわけではなく、きちんとケアできていれば予防することは十分可能です。では具体的にはどのように対策していけばいいのか、ブリッジ治療を行っている方におすすめの対策方法について考えていきましょう。

基本のブラッシングとプラスのケアが重要です

まず先ほども触れましたがブリッジ治療をされている方は歯周病になりやすい、という特徴があります。これはブリッジによって人工の歯の部分を磨きにくいため、どうしてもそこへ菌が溜まりやすくなるということがあげられます。土台の回りはどうしても菌が繁殖しやすくなるため、他の部分よりも一層しっかりと磨かなければなりません。普通のブラッシングはもちろんですが、実はこれだけでは不十分な場合が殆ど。どうしてもブラシが大きすぎて細かい部分まで届かないからです。

そこで是非おすすめしたいのがプラスのケア。歯間ブラシ、タフトブラシを使用することで磨き残しをグンと減らすことができます。いずれも細かい部分を磨くために開発された物ですので、普段のブラッシングでは届きにくい部分まで磨きやすいようにできています。歯周ポケットまで重点的に磨き上げることができるので、歯垢や歯石が溜まらないように予防することにも繋がるでしょう。使い方のポイントとしてはガシガシと大きく動かすのではなく、その部分を丁寧に磨くイメージで細かく動かすこと。一本一本磨くようにすることで出来るだけ磨き残しを減らすことができます。

これはブリッジ治療を行っていない方にも是非使っていただきたいアイテムで、口臭予防や虫歯予防が気になる方、歯のざらつきなどが気になる方にもとてもおすすめです。最近はスーパーなどでも気軽に購入できるようになりましたので、一度試してみてはいかがでしょうか。

歯科医の定期的なメンテナンスを受けるのがオススメ

それに加えて、歯科医で定期検診を受けることもお忘れなく。どんなに毎日ブラッシングを頑張っていても、自分では手の届かない部分というのは必ずあります。自力では取りきれない汚れもしっかり取ってもらえるので、是非数ヶ月に一度歯科医へ通ってメンテナンスを受けるようにしましょう。特にブリッジ治療をされている方にとってこの定期的なメンテナンスは欠かすことが出来ません。

歯の治療は以前よりもずっと進化していますが、それでも自分でケアすることを怠ってはいけません。清潔な口内をつくれるのは毎日のケアが大切。自身の意識がお口の健康を守ることに繋がります。しっかり丁寧なブラッシングを心がけましょう。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.